【まとめ】東京モーターショー15を振り返る…日産編

自動車 ニューモデル モーターショー
日産 2020ビジョングランツーリスモ(東京モーターショー15)
  • 日産 2020ビジョングランツーリスモ(東京モーターショー15)
  • 日産ゴーン社長(東京モーターショー15)
  • 日産 グリップス(東京モーターショー15)
  • ルノー日産のカルロス・ゴーンCEO(東京モーターショー15)
  • ルノー日産のカルロス・ゴーンCEO(東京モーターショー15)
  • 日産 リーフ(東京モーターショー15)
  • ルノー日産のカルロス・ゴーンCEO(東京モーターショー15)
  • 日産 グリップス(東京モーターショー15)
2年に一度の自動車の祭典、「第44回 東京モーターショー2015」が10月28日から11月8日まで開催された。

会期中の入場者は81万2500人。天候に恵まれなかったこともあり、前回の(90万2800人)より少ないが、来場者アンケートでの満足度は前回を上回る結果となった。

11か国から160社が出展し、ワールドプレミア(世界初公開)は75台。FCA(フィアット クライスラー オートモービルズ)グループのアルファロメオ、フィアット、ジープ、アバルトが8年ぶりに復帰するほか、仏PSA(プジョーシトロエン)からDSブランドが初出展するなど、海外勢も盛り上がりを見せた。

出展車両は、クリーンディーゼルやEVなどの環境性能、自動運転などの最新技術に注目を集めた。また、国内外メーカーから多くのスポーツモデルが発表された。ここでは、各メーカーの注目出展車などを振り返りたい。


※タイトルをクリックすると記事へリンクします。

◆事前情報&プレスカンファレンス

日産、世界初公開の軽EVコンセプトなど20モデル出展…GTコラボカーも

日産唯一のワールドプレミアが軽の理由とは

日産ゴーン社長「自動運転技術の車両は世界に展開」

日産ゴーンCEO「自動運転の量産化は行政次第、日本は最有力」

日産ゴーンCEO「業界の合従連衡は加速化する」

日産ゴーンCEO「ディーゼルエンジンの需要は下がる」

日産が考える自動運転実現までのロードマップ…2020年には市街地も


◆240Zを連想させるEVクロスオーバー『グリップス』

日産 グリップス 日本初公開、240Zモチーフのシリーズハイブリッド

新世代に向けた新種の創造…日産 グリップスコンセプト

日産 グリップス…クロスオーバーとスポーツカーのいいとこ取りEV[詳細画像]


◆日産の自動運転技術と未来の車を形にした『IDSコンセプト』

日産、謎のコンセプトカーを初公開へ…テーマは「知能化・電動化」

日産、近未来のEVと自動運転の『IDS コンセプト』をサプライズ公開

日産ゴーン社長「人的ミスを補い楽しいドライビング」…IDS コンセプト

オートパイロットで行く? ステアリングで攻める?…日産 IDS コンセプト

日産 IDS コンセプト…「操縦もできる」AI搭載の自動運転カー[詳細画像]

日産 IDSコンセプト、自動運転のEVに込めた革新技術[動画]


◆ゲームの世界から生まれた『ビジョングランツーリスモ』

PS3から抜け出たコンセプトカー…日産 2020 ビジョングランツーリスモ

日産のデザインフィロソフィーを特化…2020ビジョングランツーリスモ

日産 コンセプト2020ビジョングランツーリスモ…ゲームの世界からリアルへ[詳細画像]


◆移動空間をエンターテイメントに『テアトロ for デイズ』

日産 テアトロ for デイズ、2020年以降の免許取得者を想定した軽EV

デジタルデバイスの可能性を表現…日産 テアトロ for デイズ

小さくても精度の高いデザインを…日産テアトロ for デイズ

2020年に免許を取得する「シェアネイティブ」向け軽EV…日産 テアトロ for デイズ

日産 テアトロ for デイズ…未来の若者に向けたコンセプト[詳細画像]


◆航続距離がグーンと伸びた『リーフ』

日産、航続距離280kmの リーフ を参考出品…12月発売へ

日産 リーフ 改良新型…航続距離が280kmに延長[詳細画像]
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集