【東京モーターショー15】日産 テアトロ for デイズ、2020年以降の免許取得者を想定した軽EV

自動車 ニューモデル モーターショー

日産 テアトロ for デイズ
  • 日産 テアトロ for デイズ
  • 日産 テアトロ for デイズ
日産自動車は10月5日、東京モーターショー2015の出展内容を発表した。唯一のワールドプレミアとなるのは、近未来の軽自動車EV(電気自動車)を提案する『テアトロ for デイズ』だ。

先行商品企画部の佐々木英王担当部長は「2020年以降に運転免許を取得する世代をターゲットに想定した提案」としている。幼少時からインターネット環境で育ったこの世代を、佐々木氏は「モノの所有自体ではなく、所有によって仲間とつながることを大切にする“Share Natives”」と名付けたという。

テアトロ for デイズは、そうした世代の「コミュニケーションツール」としての機能をもたせた。最大の特徴は室内を「白一色のキャンパス」と見立てたことだ。ここに映像を映し、自在なインテリアデザインとすることや、ゲームを仲間と楽しむといった用途を提案している。EVなのでバッテリーはスマホなどデジタル品への電源としても使えるようにする。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. レクサス CT、クールスタイルの特別仕様…HS、RC、RC F、NX、LSは一部改良

    レクサス CT、クールスタイルの特別仕様…HS、RC、RC F、NX、LSは一部改良

  2. 日産 GT-R NISMO、2017年モデル発売…空力性能を向上 1870万0200円

    日産 GT-R NISMO、2017年モデル発売…空力性能を向上 1870万0200円

  3. 【レヴォーグ STIスポーツ】上質な内装と疲れないクルマを求めてドアポケットにまでこだわり

    【レヴォーグ STIスポーツ】上質な内装と疲れないクルマを求めてドアポケットにまでこだわり

  4. 【ホンダ NSX 新型】開発責任者「誰もが楽しめるスポーツカーを目指した」

  5. マツダ アテンザ 商品改良…G-ベクタリングコントロールを採用

  6. 【ホンダ NSX 新型】走行モードは4種類…サーキットモードも

  7. BMW M4 がパワーアップ!? 「GTS」エアロ採用となるか

  8. 【ホンダ NSX 新型】ホンダアクセス、各種純正パーツ発売…専用開発の鍛造アルミなど

  9. 【ホンダ NSX 新型】八郷社長「操る喜びを実現した新時代のスーパースポーツ」

  10. 【モスクワモーターショー16】開幕…まったく予想外の事態にしばし呆然

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら