企業動向の記事一覧

【ロールスロイス レイス ブラックバッジ】“カーボン好き”な日本市場から着想 画像
自動車 ニューモデル

【ロールスロイス レイス ブラックバッジ】“カーボン好き”な日本市場から着想

ロールス・ロイス・モーター・カーズは、2015年3785台を全世界で販売。そのうち156台が日本で販売された。中国を除くアジア太平洋地域で日本は最も大切なマーケットだという。

【人とくるまのテクノロジー16】走行距離延長・省電力に貢献、EVの熱循環をマネジメント…ボッシュ 画像
エコカー

【人とくるまのテクノロジー16】走行距離延長・省電力に貢献、EVの熱循環をマネジメント…ボッシュ

ボッシュは、クルマ側の運転支援システムやインフラ側のステーションなど、ネット化・自動化・電動化に向けた商品群を多数展示。なかでも効率的な熱循環を視覚的に伝える「電気自動車向けインテリジェント・サーマルマネジメント」のモデル展示には注目が集まった。

【R-M ベストペインターコンテスト16】7試 8心技…現場で培った理論と感性で“色を決める” 画像
自動車 ビジネス

【R-M ベストペインターコンテスト16】7試 8心技…現場で培った理論と感性で“色を決める”

リペア塗装の世界一を決める「国際R-Mベストペインター・コンテスト」。その国内選抜大会が5月20・21日に横浜で開かれ、8人の塗装技術者たちが、7種目の試験に挑戦。“塗る”だけではなく、学科や分析、選別の試験も行われ、選手たちは理論と感性で結論を導き出した。

【人とくるまのテクノロジー16】Aピラーは細く軽く…視野角広げるティッセンクルップの「スリムAピラー」 画像
自動車 テクノロジー

【人とくるまのテクノロジー16】Aピラーは細く軽く…視野角広げるティッセンクルップの「スリムAピラー」

ドイツ・エッセンに本社を置くティッセンクルップは、クルマのボディ製造段階で、視界拡大・軽量化が実現する「スリムAピラー」を展示。「軽くて細いAピラーにもかかわらず、衝突安全性がアップし、軽量化コストは1.5ユーロ/kgに抑えることができる」という。

東洋ゴム、経営再建を託された駒口会長が一身上の都合で退任 画像
自動車 ビジネス

東洋ゴム、経営再建を託された駒口会長が一身上の都合で退任

東洋ゴム工業は、駒口克己代表取締役会長が5月27日付けで退任したと発表した。

【人とくるまのテクノロジー16】自動運転に近づく電動パワステ、コックピットを体験…デンソー 画像
自動車 ビジネス

【人とくるまのテクノロジー16】自動運転に近づく電動パワステ、コックピットを体験…デンソー

デンソー(愛知県刈谷市)は、「人とくるまのテクノロジー」で近未来のコックピットを2つ提案。

【リコール】スズキ ソリオ など5万台、エアバッグが開かないおそれ 画像
自動車 ビジネス

【リコール】スズキ ソリオ など5万台、エアバッグが開かないおそれ

スズキは5月27日、『ソリオ』などのエアバッグに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

カルソニックカンセイ、自動車インストパネルのラッピング新技術を開発 画像
自動車 ビジネス

カルソニックカンセイ、自動車インストパネルのラッピング新技術を開発

カルソニックカンセイは、欧州の高級車で採用が増加している自動車インストパネルのラッピング技術を新たに開発し、量産を開始した。

【人とくるまのテクノロジー16】市光工業の標準LEDユニット、自動車技術会賞を受賞 画像
自動車 ビジネス

【人とくるまのテクノロジー16】市光工業の標準LEDユニット、自動車技術会賞を受賞

市光工業は、標準LED光源ユニット「MonoLED」が「自動車技術会賞2016」を受賞したと発表した。

2030年のモビリティと、その足回りを考える…ブリヂストンと武蔵野美術大学のデザインプロジェクト 画像
自動車 ビジネス

2030年のモビリティと、その足回りを考える…ブリヂストンと武蔵野美術大学のデザインプロジェクト

ブリヂストンでは現在、武蔵野美術大学との共同プロジェクトで制作された学生作品を展示している。テーマは「2030年のモビリティデザインと、それを支える足回りのデザイン」だ。

ポルシェ、空冷エンジン旧車用オイルを夏に向けて発売 画像
自動車 ビジネス

ポルシェ、空冷エンジン旧車用オイルを夏に向けて発売

ポルシェのドイツ本社は5月24日、空冷エンジン用ポルシェ車の「クラシックモーターオイル」を、夏に向けて発売すると発表した。

【人とくるまのテクノロジー16】スバル、スズキ、いすゞ、日野…自動車メーカーのココ見て![フォトレポート] 画像
自動車 ビジネス

【人とくるまのテクノロジー16】スバル、スズキ、いすゞ、日野…自動車メーカーのココ見て![フォトレポート]

人とくるまのテクノロジー展2016横浜では、国内自動車メーカーの出展ブースが一日じゅう混雑。スバルやスズキ、いすゞ、日野などのフロアにも「ウチのココ見て!」というアイデア展示があった。30枚の写真とともに見ていこう。

ポルシェ、最新サステナビリティレポートを公表…燃費10%向上へ 画像
自動車 ビジネス

ポルシェ、最新サステナビリティレポートを公表…燃費10%向上へ

ドイツの高級スポーツカーメーカー、ポルシェは5月23日、最新の「サステナビリティレポート」を公表した。

【人とくるまのテクノロジー16】「分解いらずがウリ」のクルマ内視鏡、エア・ブラウン 画像
自動車 ビジネス

【人とくるまのテクノロジー16】「分解いらずがウリ」のクルマ内視鏡、エア・ブラウン

エア・ブラウン(東京都中央区)は、工業用ビデオスコープ「VIPER」の体験コーナーを設置。医療分野の内視鏡と同様、細い管の中や、複雑に入り組んだエンジン内部のパーツを観察するのに適したビデオスコープの性能を、実際に画面に映し出して確かめることができた。

【インタビュー】メルセデスベンツの悩みが純正サウンドチューンパックを生み出した 画像
自動車 ビジネス

【インタビュー】メルセデスベンツの悩みが純正サウンドチューンパックを生み出した

メルセデスベンツ日本とソニックデザインのコラボ、純正アクセサリーとして、サウンドチューンアップ製品 ソニックデザイン サウンドスウィート「アコースティックコントロールパッケージ(Acoustic Control Package)」が登場した。

【新聞ウォッチ】大量リコールに揺れるタカタ、米投資ファンド支援に名乗り 画像
モータースポーツ/エンタメ

【新聞ウォッチ】大量リコールに揺れるタカタ、米投資ファンド支援に名乗り

欠陥エアバッグの大量リコール問題で屋台骨が揺れているタカタに新たな動きが出てきた。米投資ファンド大手のコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)が支援に名乗りを上げたことが明らかになった

【人とくるまのテクノロジー16】車両側センサーでダンパーを可変させる電子制御サスを公開…ショーワ 画像
自動車 ビジネス

【人とくるまのテクノロジー16】車両側センサーでダンパーを可変させる電子制御サスを公開…ショーワ

ショーワ(埼玉県行田市)は、世界初となる制御ロジック搭載の新世代電子制御サスペンションや、ホンダ(アキュラ)新型『NSX』に採用されたスーパースポーツカー用ハイポイドギヤを先行公開。サスペンションやダンパーなどは四輪用・二輪用ともに注目が集まっていた。

【人とくるまのテクノロジー16】「電動過給機と燃費改善」開発中の新HVシステムを公開…UDトラックス 画像
自動車 ビジネス

【人とくるまのテクノロジー16】「電動過給機と燃費改善」開発中の新HVシステムを公開…UDトラックス

UDトラックス(埼玉県上尾市)は、開発中の「電動過給機(e-SC Electric Supercharger)による走行燃費改善技術」を初公開。実機などは展示されなかったが、開発段階で得られた結果や期待される効果について、パネルで伝えていた。

英国自動車生産、16.4%増の15万台…9か月連続増 4月 画像
自動車 ビジネス

英国自動車生産、16.4%増の15万台…9か月連続増 4月

英国自動車工業会(SMMT)は5月25日、4月の英国における自動車の生産実績を公表した。総生産台数は14万9334台。前年同月比は16.4%増と、9か月連続で前年実績を上回った。

【人とくるまのテクノロジー16】HKS、排気ターボをアシストする電動スーパーチャージャーを初公開 画像
自動車 ビジネス

【人とくるまのテクノロジー16】HKS、排気ターボをアシストする電動スーパーチャージャーを初公開

マフラーやサスペンション、自動車用改造部品などを開発・製造するエッチ・ケー・エス(HKS、静岡県富士宮市)は、受託業務の新展開として、駆動力に電動モーターを採用したスーパーチャージャーを初公開。

【人とくるまのテクノロジー16】日本特殊陶業、今秋発売のコンパクトマルチガス計測器を先行展示 画像
自動車 ビジネス

【人とくるまのテクノロジー16】日本特殊陶業、今秋発売のコンパクトマルチガス計測器を先行展示

日本特殊陶業(NGK・NTK、名古屋市)は、走行中の排気ガス中の有毒物質濃度をリアルタイムに計測できる「コンパクトマルチガス計測器」を先行公開。エンジン開発などに用いられるこの“マストアイテム”は、この秋に発売が予定されている。

【人とくるまのテクノロジー16】スマホと運転、両操作をつなぐ次世代コックピットを日本初公開…ヴァレオ 画像
自動車 ビジネス

【人とくるまのテクノロジー16】スマホと運転、両操作をつなぐ次世代コックピットを日本初公開…ヴァレオ

フランスに本社を置きグローバル展開する自動車部品サプライヤー・ヴァレオは、CES 2015で発表された次世代コックピット・コンセプト「Valeo Mobius 2」を日本初公開。スマホと運転、両操作を違和感なくつなぐ Mobius 2 を体験できるコーナーに注目が集まっていた。

【ロールスロイス レイス ブラックバッジ】カーボンとアルミは内外装共通のテーマ 画像
自動車 ニューモデル

【ロールスロイス レイス ブラックバッジ】カーボンとアルミは内外装共通のテーマ

ロールス・ロイス・モーター・カーズから発表された『レイス ブラックバッジ』は、エキサイティングで大胆なクルマを求めている人に相応しい1台だという。

【人とくるまのテクノロジー16】運転支援「次の一手」、開発中の技術を紹介…マツダ 画像
自動車 ビジネス

【人とくるまのテクノロジー16】運転支援「次の一手」、開発中の技術を紹介…マツダ

マツダは、「人間であるドライバーを支援することが、大きな安全・安心につながる」という同社の安全思想に基づいたプロアクティブ・セーフティを紹介。事故低減・運転支援につなげる安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」の次のビジョンについて初公開した。

【人とくるまのテクノロジー16】未体験の視点、透明なクルマに乗って触って…ZF 画像
自動車 ビジネス

【人とくるまのテクノロジー16】未体験の視点、透明なクルマに乗って触って…ZF

ゼット・エフ・ジャパン(ZF、東京都港区)は、デトロイトモーターショー16で話題となったアクリルカー「ZF's acrylic car」を展示。ZFが展開する商品群を1台の透明なクルマに載せて紹介し、同社スタッフが「どうぞ乗ってみて」と来場者に声をかけていた。

Page 1 of 2,297
    1 2 3 4 5 …30 …50 > 次 >> 末尾