試乗記

試乗記

HOT TOPICS

マツダ ロードスター

トピックボード
【編集部おすすめ】 緑・赤・白のエンジンオイルブランドと言えば?
【急募】レスポンス&e燃費 契約社員/アルバイトスタッフ
【プレゼント有】エンジンオイルに関するアンケート調査にご協力下さい

試乗記最新ニュース

【DS 3 試乗】ツウ好みの痛快な走り、相変わらず…島崎七生人 画像
試乗記

【DS 3 試乗】ツウ好みの痛快な走り、相変わらず…島崎七生人

試乗車はシリーズ最強の1.6リットルターボ+6速MT搭載の“スポーツ シック”。17インチホイールがスゴ味を効かす外観は相変わらず個性があって、オットリとした見た目のシトロエン『C3』とそういえば兄弟車だった…と、事実関係を思い出すのに時間が要るほどだ。

【BMW M2クーペ 試乗】BMWヘリテージモデルと比較される、エッセンスが凝縮された1台…中村孝仁 画像
試乗記

【BMW M2クーペ 試乗】BMWヘリテージモデルと比較される、エッセンスが凝縮された1台…中村孝仁

『2シリーズクーペ』が誕生した時、それは伝説の名車『2002』が引き合いに出された。そして『M2』が誕生すると、今度はE30系の初代『M3』が引き合いに出されるなど、新しいM2クーペはBMWのエッセンスが詰まった1台としてデビューした。

【DS 4 クロスバック 試乗】視界の広さ、明るさが美点…島崎七生人 画像
試乗記

【DS 4 クロスバック 試乗】視界の広さ、明るさが美点…島崎七生人

標準の『DS 4』に対し全高が30mm高く、ロードクリアランスも+20mmの170mm。とはいえ乗り込む際も、乗り込んで運転席に収まってみても“目線が高くなった”実感はほとんどない。不思議なものである。

【ランボルギーニ ウラカン LP580-2 試乗】後輪駆動モデル、完成度の高いスーパースポーツ…吉田匠 画像
試乗記

【ランボルギーニ ウラカン LP580-2 試乗】後輪駆動モデル、完成度の高いスーパースポーツ…吉田匠

現在のランボルギーニのラインナップには、V12エンジン塔載の『アヴェンタドール』とV10エンジン塔載の『ウラカン』の基本2モデルがある。それらは基本的にすべてミドエンジンの4WDモデルとして設計されているが、そのなかに唯一、2WD、つまり後輪駆動のモデルがある。

【メルセデスベンツ GLC 試乗】700万円オーバーも Cクラスワゴン と比べれば割安…松下宏 画像
試乗記

【メルセデスベンツ GLC 試乗】700万円オーバーも Cクラスワゴン と比べれば割安…松下宏

『GLC』はメルセデスベンツ『Cクラス』の基本プラットホームをベースに作られたSUVだ。従来は「GLK」と呼んでいたモデルがGLCになった。

【ホンダ ジェイドRS 800km試乗 後編】ニッチ過ぎる立ち位置、ライバルは「レヴォーグ」か…井元康一郎 画像
試乗記

【ホンダ ジェイドRS 800km試乗 後編】ニッチ過ぎる立ち位置、ライバルは「レヴォーグ」か…井元康一郎

ホンダの3列シートミニバン『ジェイド』に追加されたガソリンターボモデル「RS」で800kmあまりツーリングする機会があったのでリポートする。前編では、動力性能や燃費について述べた。

【MINI クーパーD 試乗】オーセンティックなミニの世界観を実感…島崎七生人 画像
試乗記

【MINI クーパーD 試乗】オーセンティックなミニの世界観を実感…島崎七生人

R50およびクラシック・ミニの元オーナーとして、ディーゼルエンジン搭載の最新ミニにビビッとくるものがあった。ブレていないというか、オーセンティックなミニの世界観がキチンと表現させている…そんな風に感じたからだ。

【DS 5 試乗】非日常オーラは変わらず…島崎七生人 画像
試乗記

【DS 5 試乗】非日常オーラは変わらず…島崎七生人

新型『DS5』の最大の変更点は、DSブランドの立ち上げに伴い“シトロエン”の名(とロゴ)が外されたこと。

【ホンダ ジェイドRS 800km試乗 前編】人馬一体を感じさせる足回り、ハイブリッドとの違い顕著に…井元康一郎 画像
試乗記

【ホンダ ジェイドRS 800km試乗 前編】人馬一体を感じさせる足回り、ハイブリッドとの違い顕著に…井元康一郎

ホンダの3列シートミニバン『ジェイド』に追加されたガソリンターボモデル「RS」で800kmあまりツーリングする機会があったのでリポートする。

【BMW 330e 試乗】走りの質感はBMW、だが高めの価格が壁になる…松下宏 画像
試乗記

【BMW 330e 試乗】走りの質感はBMW、だが高めの価格が壁になる…松下宏

BMWは少し前までマイルドハイブリッド方式のハイブリッド車を設定していたが、ここにきて各モデルともプラグインハイブリッド(PHEV)に切り換えてきた。欧州のCO2規制ではPHEVが有利な計算になるためだ。

【BMW M2クーペ 試乗】日本のために作られたような“ジャストな”スポーツクーペ…諸星陽一 画像
試乗記

【BMW M2クーペ 試乗】日本のために作られたような“ジャストな”スポーツクーペ…諸星陽一

BMWの『2シリーズクーペ』にスペシャルチューンドモデルの『M2』が追加された。連綿と続くMシリーズのなかで現在もっとも小さなモデルとなる。

【アウディ A4 試乗】“A4らしさ”あらためて実感する軽快さと上質感…島崎七生人 画像
試乗記

【アウディ A4 試乗】“A4らしさ”あらためて実感する軽快さと上質感…島崎七生人

『TT』や『R8』がアウディのアイコンであることは確か。だが『A4』は、ラインアップが膨大となった今も、前身の『80』の時代から同社の主力モデル…そんなことを試乗しながら再認識させられた。

【DS 5 試乗】決定的な残念ポイントは、エンジンパワー…岩貞るみこ 画像
試乗記

【DS 5 試乗】決定的な残念ポイントは、エンジンパワー…岩貞るみこ

独自の世界観を突っ走る『DS 5』。見るからに大柄なボディ。そして、キャビンがぐっと平たく押さえられたスタイル。さらにヘッドライトやグリルあたりにはスパイスのあるデザインラインが加えられ、マイウェイばく進中である。

【マツダ CX-3 試乗】XD・4WD、乗り味の向上度は2WD以上…島崎七生人 画像
試乗記

【マツダ CX-3 試乗】XD・4WD、乗り味の向上度は2WD以上…島崎七生人

個人的には改良型『CX-3』のうち、もっとも期待を寄せていたのが4WDモデルだった。というのもデビュー当初の試乗で主に乗り心地面で納得がいかない部分が多々あったから。従来型オーナーの身になるとフクザツだが、進化していればそれは歓迎だ。

【DS 4 クロスバック 試乗】このサスペンションの秀逸さときたらどうよ?…岩貞るみこ 画像
試乗記

【DS 4 クロスバック 試乗】このサスペンションの秀逸さときたらどうよ?…岩貞るみこ

標準車の『DS 4』に対し、最低地上高は20mm上がって170mm。けれど、全体的なボディサイズ、及びアイポイントは30mmプラスの、クロスバックである。走り出しは、ロードノイズが静か。車内への音の侵入が少なく、耳への負担がかなり小さい。

【ボルボ XC90 T8 試乗】“初物尽くし”でもよくまとめあげたと感心…竹岡圭 画像
試乗記

【ボルボ XC90 T8 試乗】“初物尽くし”でもよくまとめあげたと感心…竹岡圭

本当にこれで2リットルなの? やっぱりモーターと合わさると、ものすごいパワーが発揮できるものなんですね。2730kgという体躯をいとも簡単にスムーズに走らせちゃうんですから。

【DS 3 試乗】走り始めたら口元がゆるむ、スポーツシック 6MT…岩貞るみこ 画像
試乗記

【DS 3 試乗】走り始めたら口元がゆるむ、スポーツシック 6MT…岩貞るみこ

そもそも、このサイズのMTが楽しくないわけがない。全長3965mm。明らかに小さく、そして軽い。そこに1.6リットル+ターボエンジンが搭載されているのだから、そりゃもう走らせたら、体温が0.5度、心拍数が2割、血圧が3割上がるのである。計ったことないけれど。

【プジョー 308GTi 試乗】ついつい余計にシフトしたくなっちゃう…竹岡圭 画像
試乗記

【プジョー 308GTi 試乗】ついつい余計にシフトしたくなっちゃう…竹岡圭

クープフランシュなボディカラーがいいじゃないですか! って、これをいきなり選択するのはちょっと勇気が必要かもしれませんが、これだけ個性的な走りをするマシンだったらコレもありかな? と思えちゃうんですよ。

【ダイハツ ブーン&トヨタ パッソ 試乗】装備こそ軽レベルだが、走りと乗り味はしっかり…会田肇 画像
試乗記

【ダイハツ ブーン&トヨタ パッソ 試乗】装備こそ軽レベルだが、走りと乗り味はしっかり…会田肇

約6年ぶりにフルチェンジした3代目のトヨタ『パッソ』とダイハツ『ブーン』。先代までと変わって、企画から設計、生産に至る全てをダイハツが行い、トヨタはダイハツから初めてOEMを受ける。

【アウディ A4アバント 試乗】50kgもダイエットしちゃうとは…竹岡圭 画像
試乗記

【アウディ A4アバント 試乗】50kgもダイエットしちゃうとは…竹岡圭

「待ってました~!」という方が多かったのではないでしょうか? そのわりにあまり変わらなかったなぁ~という印象をお持ちの方も多かったのでは? 確かに見た目の印象はそんなに大きく変わらなかったなぁ~というのが、私の第一印象でした。

【DS 3 試乗】ドイツ車とは別次元、痛快な走りを求めるなら…会田肇 画像
試乗記

【DS 3 試乗】ドイツ車とは別次元、痛快な走りを求めるなら…会田肇

下から上まで元気いっぱいに回る1.2リットル3気筒ターボエンジン。その痛快なまでレスポンスの良さを楽しませてくれたのが『DS 3』だ。今回、新生“DSシリーズ”共通のグリルとなり、同時にオープントップの「カブリオ」もラインナップ。

【トヨタ ヴォクシーハイブリッド 試乗】ハイブリッド+エアロ仕様の追加と先進安全装備の拡充に注目…青山尚暉 画像
試乗記

【トヨタ ヴォクシーハイブリッド 試乗】ハイブリッド+エアロ仕様の追加と先進安全装備の拡充に注目…青山尚暉

今年初頭、トヨタの主力ミニバン、『ヴォクシー&ノア』に「トヨタ・セーフティセンスC」がやっと設定されたのを機に、あらためてヴォクシーハイブリッドに試乗した。

【マツダ CX-3 試乗】加速がより自然でスムースになった XD 2WD…島崎七生人 画像
試乗記

【マツダ CX-3 試乗】加速がより自然でスムースになった XD 2WD…島崎七生人

試乗車はXDツーリングLパッケージの2WD・6速AT車。ちょうど1年前、まったく同一仕様の従来型に試乗しており、このとき以来の“気がかりだった点”がどう改良されたかが、今回の試乗のポイントだ。

【マツダ デミオ 試乗】標準ディーゼルよりも、緻密な制御を実感できる特別仕様車…島崎七生人 画像
試乗記

【マツダ デミオ 試乗】標準ディーゼルよりも、緻密な制御を実感できる特別仕様車…島崎七生人

マツダ『デミオ』の最新モデルに用意される「ブラックレザーリミテッド」は、国産同クラスでは、間違いなく1番の上質感、心地良さが味わえる仕上がりだ。

【DS 5 試乗】デザインはアバンギャルドの面目躍如…中村孝仁 画像
試乗記

【DS 5 試乗】デザインはアバンギャルドの面目躍如…中村孝仁

歴史を紐解くと、現行DSラインナップで最後に登場したのがこの『DS 5』。だから最新鋭かというと、実はそうでもなくて、そのシャシーベースは何とシトロエン『C4』。ハイドロ系のサスペンションをやめてしまったから足は至って普通である。

ニュースをもっと見る

キャンピングカー

キャンピングカー特集をもっと見る

モーターショー

モーターショーをもっと見る

新型車

新型車をもっと見る