日産自動車 特別編集

関連インデックス
インフィニティ ルノー 日産 コンセプトカー 日産車体
益子会長「早期の資本提携が最も効果的な信用補完」…日産の出資受け入れで 画像
自動車 ビジネス

益子会長「早期の資本提携が最も効果的な信用補完」…日産の出資受け入れで

三菱自動車の益子修会長は6月24日に千葉市で開いた定時株主総会で、日産自動車の資本を受け入れることについて「早期に資本業務提携を結ぶことが最も効果的な信用補完になると考えた」と述べ、株主に理解を求めた。

益子会長「私どもは三菱ブランドを維持する」 画像
自動車 ビジネス

益子会長「私どもは三菱ブランドを維持する」

三菱自動車の益子修会長は6月24日に千葉市で開いた定時株主総会で、日産自動車との資本提携で三菱自のカラーが薄まることはないかとの株主の質問に対し、「私どもは三菱ブランドを維持する」と強調した。

ルノー日産傘下の露アフトワズ、新会長を承認 画像
自動車 ビジネス

ルノー日産傘下の露アフトワズ、新会長を承認

ルノー日産アライアンスは6月23日、傘下のロシア自動車最大手、アフトワズの株主総会において、取締役会の新会長人事が承認された、と発表した。

三菱自による顧客と日産への補償内訳 画像
自動車 ビジネス

三菱自による顧客と日産への補償内訳

三菱自動車工業の益子修会長は24日、株主総会後に燃費不正行為に関連する特別損失の項目ごとの内訳を明らかにした。

日本のEV米国販売、実質的に日産 リーフ 1車のみ…5月 画像
エコカー

日本のEV米国販売、実質的に日産 リーフ 1車のみ…5月

日産『リーフ』と三菱『i-MiEV』。この2車種の日本メーカー製EVに関して、5月の米国販売実績がまとまった。

日産 スカイライン のリコール、米国に拡大…次世代ステアリングに不具合 画像
自動車 ビジネス

日産 スカイライン のリコール、米国に拡大…次世代ステアリングに不具合

日産自動車が6月上旬、国土交通省に届け出た『スカイライン』の電子制御ステアリング(ダイレクトアダプティブステアリング)の不具合によるリコール(回収・無償修理)。このリコールが米国にも拡大した。

日産 ムラーノ 新型、ロシアで現地生産を開始 画像
自動車 ビジネス

日産 ムラーノ 新型、ロシアで現地生産を開始

日産自動車は6月22日、ロシア・サンクトペテルブルク工場において、新型『ムラーノ』の生産を開始した。

日産 デイズ シリーズの補償内容…三菱同様1台10万円 画像
自動車 ビジネス

日産 デイズ シリーズの補償内容…三菱同様1台10万円

日産自動車は6月23日、三菱自動車による燃費データ不正の対象となっている軽自動車『デイズ』『デイズルークス』の顧客に対する補償内容を発表した。

日産株主総会、ゴーン社長「すべての危機はチャンス」と力説 画像
自動車 ビジネス

日産株主総会、ゴーン社長「すべての危機はチャンス」と力説

日産自動車は6月22日、パシフィコ横浜国立大ホールで第117回定時株主総会を開催した。出席株主は2098人で、質問者は抽選で選ばれた7人、総会時間は1時間51分とほぼ時間通りに終了した。

【新聞ウォッチ】日産ゴーン社長”賞味期限”延長?…三菱自との提携を株主好感  画像
モータースポーツ/エンタメ

【新聞ウォッチ】日産ゴーン社長”賞味期限”延長?…三菱自との提携を株主好感 

一時は「賞味期限切れ」とまで囁かれていた日産自動車のカルロス・ゴーン社長の人気が、再び上昇の兆しをみせている。

日産ゴーン社長、三菱への資本参加「お互いに利益がある」 画像
自動車 ビジネス

日産ゴーン社長、三菱への資本参加「お互いに利益がある」

日産自動車のカルロス・ゴーン社長兼CEOは6月22日に横浜市内で開いた株主総会で、燃費データを改ざんした三菱自動車となぜあえて資本業務提携するのかとの株主からの質問に対し「お互いに利益があるのであれば、やるということだ」との考えを示した。

日産、燃費改ざんの デイズ / デイズルークス 購入者に賠償金ほか支援策実施へ 画像
自動車 ビジネス

日産、燃費改ざんの デイズ / デイズルークス 購入者に賠償金ほか支援策実施へ

日産自動車の星野朝子専務執行役員は6月22日に横浜市内で開催した株主総会で、三菱自動車から供給を受けている軽自動車2車種で燃費データの改ざんがあった問題で、購入者に対し賠償金に加えて、無料点検などの施策を実施する方針を明らかにした。

日産、EU離脱派の英団体を提訴…ロゴマークを無断使用 画像
自動車 ビジネス

日産、EU離脱派の英団体を提訴…ロゴマークを無断使用

日産自動車の英国法人は6月20日、日産のロゴマークを無断で使用したとして、英国の「VOTE LEAVE」を提訴したことを明らかにした。

【グッドウッド16】日産 GT-R の2017年型、ヒルクライムに出走へ 画像
自動車 ニューモデル

【グッドウッド16】日産 GT-R の2017年型、ヒルクライムに出走へ

グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードの主催団体は6月17日、同イベントのヒルクライムに、日産『GT-R』の2017年モデルが出走すると発表した。

日産ゴーン社長、15年度の報酬は10億7100万円…3600万円アップ 画像
自動車 ビジネス

日産ゴーン社長、15年度の報酬は10億7100万円…3600万円アップ

日産自動車のカルロス・ゴーン社長兼CEO(最高経営責任者)は6月22日に横浜市内で開いた株主総会で2015年度の自身の報酬が10億7100万円だったことを明らかにした。前年度に対しては3600万円のアップとなる。

日産 GT-R 次世代型は、650馬力ハイブリッド!? 東京五輪イヤーに登場か 画像
自動車 ニューモデル

日産 GT-R 次世代型は、650馬力ハイブリッド!? 東京五輪イヤーに登場か

日産は2016年3月のニューヨークモーターショーでR35『GT-R』改良新型を発表したが、次期型となる「R36」に関するレポートが欧州エージェントからレンダリングスケッチと共に入ってきた。

三菱自の軽4車種、すべてのカタログ掲載値が過大…最大約16%かい離 画像
自動車 社会

三菱自の軽4車種、すべてのカタログ掲載値が過大…最大約16%かい離

石井啓一国土交通相は21日、自動車技術総合機構で行った三菱自動車の軽4車種の確認試験の結果を公表した。一連の燃費データ不正で初めて国土交通省の燃費値が示された。

日産 マーチ 新型!? ヘッドライトも見えた 画像
自動車 ニューモデル

日産 マーチ 新型!? ヘッドライトも見えた

日産のBセグメント・ハッチバック・コンパクト、『マーチ』後継モデル試作車が再びカメラの前に現れた。今度はヘッドライトやリアコンビランプの一部も確認が出来、そのディテールの一端が見えてきた。

【ルマン24時間 2016】日産エンジン車、LMP2を4年連続で制す…最終イヤーに華 画像
モータースポーツ/エンタメ

【ルマン24時間 2016】日産エンジン車、LMP2を4年連続で制す…最終イヤーに華

6月18-19日、フランスで決勝レースが行われた今年のルマン24時間耐久レース。「LMP2」クラスでは、日産エンジン搭載車が、4年連続でクラス優勝を果たしている。

【池原照雄の単眼複眼】日産が2020年の商品化めざす“古くて新しい”FCV 画像
自動車 ビジネス

【池原照雄の単眼複眼】日産が2020年の商品化めざす“古くて新しい”FCV

日産自動車が、他社が市販しているタイプとは異なる方式の燃料電池車(FCV)の技術発表を行い、2020年の商品化を打ちだした。サトウキビなどバイオエタノールを水素に改質し、その水素で発電した電気でモーターを駆動する仕組みだ。

日産の米国販売、1%減の13万台…マキシマ は3倍 5月 画像
自動車 ビジネス

日産の米国販売、1%減の13万台…マキシマ は3倍 5月

日産自動車の米国法人、北米日産は6月上旬、5月の米国新車販売の結果を明らかにした。総販売台数は、13万3496台。前年同月比は1%減と、9か月ぶりに前年実績を下回った。

日産、タカタ製エアバッグで追加リコール…米国の約40万台 画像
自動車 ビジネス

日産、タカタ製エアバッグで追加リコール…米国の約40万台

日産自動車の米国法人、北米日産は5月下旬、タカタ製エアバッグインフレータの不具合による追加リコール(回収・無償修理)を、米国当局に届け出た。

日産が800cc軽量スポーツ開発か?…ベストカー2016年7月10日号 画像
モータースポーツ/エンタメ

日産が800cc軽量スポーツ開発か?…ベストカー2016年7月10日号

燃費データ不正問題により、三菱を救うカタチで傘下におさめた日産。三菱の生産設備を手に入れた日産の次なる動向として、「新800ccカー構想」を特集する。スポーツ、ミニバン、SUVなど、様々なジャンルの登場を、国産軽自動車の歴史を通して予想する。

インフィニティ世界販売、過去最高…Q30 効果 5月 画像
自動車 ビジネス

インフィニティ世界販売、過去最高…Q30 効果 5月

日産自動車の海外向け高級車ブランド、インフィニティは6月6日、5月の世界新車販売の結果を公表した。総販売台数は、5月としては過去最高の約1万8000台。前年同月比は3%増だった。

日産、エタノール燃料のFCV技術「バッテリーEVの苦手領域をカバー」 画像
自動車 ビジネス

日産、エタノール燃料のFCV技術「バッテリーEVの苦手領域をカバー」

日産自動車は6月14日、バイオエタノールで発電した電気で走行する燃料電池システムの技術発表を行った。希少金属や高圧の水素タンクが不要なため既存の燃料電池車よりも低コスト化が可能で、2020年頃の実用化を目指すとしている。

Page 1 of 512
    1 2 3 4 5 > 次 >> 末尾