三菱自動車ニュースまとめ | レスポンス(Response.jp)

三菱自動車に関するニュースまとめ一覧

関連インデックス
三菱 WRC ダカールラリー、ダカールシリーズ 三菱ふそうトラック・バス ダイムラークライスラー 三菱 RVR 三菱 i 三菱 アウトランダー 三菱 アスティ 三菱 アスパイア 三菱 eKワゴン/eKカスタム 三菱 エアトレック 三菱 FTO 三菱 ギャラン 三菱 グランディス 三菱 コルト 三菱 GTO 三菱 チャレンジャー 三菱 ディアマンテ 三菱 ディオン 三菱 ディンゴ 三菱 デリカ 三菱 デリカD:2 三菱 CU-H9000 三菱 トッポ 三菱 パジェロ 三菱 パジェロイオ、パジェロジュニア 三菱 パジェロミニ 三菱 ミニカ 三菱 ミラージュ 三菱 ランサー 三菱 リベロ 三菱 レグナム スズキ 日産自動車 三菱 デリカD:3 三菱 i-MiEV 三菱自動車 Dシリーズ 三菱 デリカD:5 三菱 トライトン 三菱 ミニキャブ
【ジュネーブモーターショー2017】三菱自、新型コンパクトSUVを世界初公開へ 画像
自動車 ニューモデル

【ジュネーブモーターショー2017】三菱自、新型コンパクトSUVを世界初公開へ

三菱自動車は、3月7日にスイスで開幕するジュネーブモーターショーにて、新型コンパクトSUVを世界初公開すると発表した。

三菱の米国販売、1%増の9.6万台…4年連続で増加  2016年 画像
自動車 ビジネス

三菱の米国販売、1%増の9.6万台…4年連続で増加  2016年

三菱自動車の米国法人、三菱モータースノースアメリカは1月上旬、2016年の米国新車販売の結果を明らかにした。総販売台数は、2008年以降で過去最高の9万6267台。前年比は1%増と、4年連続で前年実績を上回った。

【佐野ニューイヤークラシックカーミーティング2017】レックス、ホンダZ、ミニキャブなどの軽自動車 画像
モータースポーツ/エンタメ

【佐野ニューイヤークラシックカーミーティング2017】レックス、ホンダZ、ミニキャブなどの軽自動車

去る1月8日に栃木県佐野市で行われた「佐野ニューイヤークラシックカーミーティング」。ここでは360cc時代から黄色ナンバーまでの軽自動車を取り上げてみた。

【東京オートサロン2017】ワイド&ローか、リフトアップか…国産クロカンのエレガンスとマッチョ度 画像
自動車 ニューモデル

【東京オートサロン2017】ワイド&ローか、リフトアップか…国産クロカンのエレガンスとマッチョ度

レクサス『LX』、トヨタ『ランドクルーザー プラド』、三菱『アウトランダー』…。パワフルなクロカンが、さらにエレガント&マッチョに進化したモデルが展示されていた。手がけたのは、埼玉県越谷市のロードハウスと明和だ(4モデル、写真18枚)。

【デトロイトモーターショー2017】マツダと三菱、新型車発表なし 画像
自動車 ニューモデル

【デトロイトモーターショー2017】マツダと三菱、新型車発表なし

1月9日、米国で開幕するデトロイトモーターショー2017。同ショーにおいて、日本メーカーではマツダと三菱が新型車発表を行わないことが判明した。

【意外なヒット】三菱 パジェロ 初代…洒落のつもりがユーミン 画像
自動車 ビジネス

【意外なヒット】三菱 パジェロ 初代…洒落のつもりがユーミン

三菱が送り出した予想外のヒット作と言えば、『パジェロ』でしょう。年末年始の読み物「意外なヒット」シリーズ。名前を聞けば誰もが知っているヒット作ながら、当初はそれほどの成功を誰も予想していなかったモデルを紹介しています。

三菱 デリカD:5、クリーンディーゼルに定番&スタイリッシュな特別仕様[写真蔵] 画像
自動車 ニューモデル

三菱 デリカD:5、クリーンディーゼルに定番&スタイリッシュな特別仕様[写真蔵]

間もなく10周年を迎える『デリカD:5』に2台の特別仕様車「シャモニー」と「ローデスト ロイヤルツーリング」が設定された。いずれもクリーンディーゼル車をベースとし、豪華装備を満載した。48枚の写真とともに紹介する。

【期待が外れた】三菱 i-MiEV…ほったらかしにされてしまった 画像
自動車 ビジネス

【期待が外れた】三菱 i-MiEV…ほったらかしにされてしまった

年末年始の読み物「期待外れの車」シリーズ。ディスるわけではありません。発表時点でみんなが期待した、しかしその期待に応えることのできなかった、いわば悲運のモデルを紹介していきます。今回の筆者は井元康一郎さん。井元さんをがっかりさせたのは---。

三菱 eKスペースカスタム 改良新型…ダイナミックシールド採用の“ギラギラ”新デザイン[写真蔵] 画像
自動車 ニューモデル

三菱 eKスペースカスタム 改良新型…ダイナミックシールド採用の“ギラギラ”新デザイン[写真蔵]

三菱の軽スーパーハイトワゴン『eKスペース』『eKスペースカスタム』が大幅改良。新デザインの採用、安全装備の充実などが目玉だ。特にカスタムでは、三菱の新フロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」を採用し、大胆かつ存在感のあるデザインとなった。

【三菱 デリカD:5 試乗】ロングセラーの理由は“オンリーワン”の立ち位置…高山正寛 画像
試乗記

【三菱 デリカD:5 試乗】ロングセラーの理由は“オンリーワン”の立ち位置…高山正寛

それは1本のメールだった。「久々に『デリカD:5』に乗ってみませんか?」という内容。拒む理由もないし、逆に言えばしばらくご無沙汰しているクルマのひとつでもある。

三菱自動車、eK 生産再開で国内販売が9か月ぶりのプラス 11月実績 画像
自動車 ビジネス

三菱自動車、eK 生産再開で国内販売が9か月ぶりのプラス 11月実績

三菱自動車が発表した2016年11月の生産・国内販売・輸出実績によると、総生産台数は前年同月比9.0%減の9万8499台で、12か月連続のマイナスとなった。

今こそ語れ「デリカ愛」…三菱のロングセラー デリカD:5 オーナーが語る「唯一無二」 画像
自動車 ニューモデル

今こそ語れ「デリカ愛」…三菱のロングセラー デリカD:5 オーナーが語る「唯一無二」

10月にクリーンディーゼルモデルの特別仕様車「シャモニー」と「ローデスト ロイヤルツーリング」を発表、ますます商品力を高める中、2017年には発売10周年を迎える三菱『デリカD:5』。

三菱米国販売1.8%増…ミラージュ は32%増 11月 画像
自動車 ビジネス

三菱米国販売1.8%増…ミラージュ は32%増 11月

三菱自動車の米国法人、三菱モータースノースアメリカは12月上旬、11月の米国新車販売の結果を明らかにした。総販売台数は、11月としては2007年以降で過去最高の6896台。前年同月比は1.8%増と、2か月連続で実績を上回った。

三菱 i-MiEV 一部改良…内装の質感を向上、パドル式回生レベルセレクターも採用 画像
自動車 ニューモデル

三菱 i-MiEV 一部改良…内装の質感を向上、パドル式回生レベルセレクターも採用

三菱自動車は、電気自動車(EV)『i-MiEV』を一部改良し、12月21日より販売を開始した。

三菱 eKスペース、eKスペースカスタム 大幅改良…新デザイン、快適装備など充実 画像
自動車 ニューモデル

三菱 eKスペース、eKスペースカスタム 大幅改良…新デザイン、快適装備など充実

三菱自動車は21日、スーパーハイトワゴンタイプの軽自動車『eKスペース』『eKスペースカスタム』の大幅改良モデルを発表、同日より販売を開始した。

三菱自の中国販売64%増、3か月連続で増加 11月 画像
自動車 ビジネス

三菱自の中国販売64%増、3か月連続で増加 11月

三菱自動車の中国法人は12月中旬、中国における11月の新車販売の結果を公表した。総販売台数は1万0244台。前年同月比は64%増と大きく伸び、3か月連続で前年実績を上回った。

【IIHS衝突安全】三菱 アウトランダー、最高評価 画像
自動車 テクノロジー

【IIHS衝突安全】三菱 アウトランダー、最高評価

三菱自動車の米国法人、三菱モータースノースアメリカは12月7日、米国IIHS(道路安全保険協会)の最新の安全性評価において、『アウトランダー』が最高評価の「2017トップセーフティピック+」を獲得した、と発表した。

【三菱 デリカD:5 試乗】長くつき合える、良きパートナーに…片岡英明 画像
試乗記

【三菱 デリカD:5 試乗】長くつき合える、良きパートナーに…片岡英明

三菱の『デリカD:5』は、異色のミニバンである。ライバルたちは2WDを主役としているが、デリカD:5は4WDモデルが主役だ。ご存じのように三菱は、ダカールラリーやWRC(世界ラリー選手権)で4WD技術を磨き、その高度な技術を市販車に積極的に導入してきた。

【ASEAN NCAP】三菱 パジェロスポーツ、成人乗員保護性能で最高評価5★を獲得 画像
自動車 テクノロジー

【ASEAN NCAP】三菱 パジェロスポーツ、成人乗員保護性能で最高評価5★を獲得

三菱自動車は、タイ現地法人が生産している新型ミッドサイズSUV『パジェロスポーツ』(ASC:アクティブスタビリティコントロール、SBR:シートベルトリマインダー搭載車)が、2016年ASEAN NCAPの成人乗員保護性能において、最高評価となる5★を獲得したと発表した。

三菱 RVR のリコール、米国に波及…リアゲートに腐食のおそれ 画像
自動車 テクノロジー

三菱 RVR のリコール、米国に波及…リアゲートに腐食のおそれ

三菱自動車が11月下旬、日本国内で発表した『RVR』のリコール(回収・無償修理)。このリコールが、米国にも波及した。

【三菱 アウトランダーPHEV 試乗】とにかく安心して使える、という魅力…諸星陽一 画像
試乗記

【三菱 アウトランダーPHEV 試乗】とにかく安心して使える、という魅力…諸星陽一

2015年にマイナーチェンジを受けた『アウトランダーPHEV』は、内外装の変更によって落ち着きと高級感を持ち合わせた雰囲気に生まれ変わっていた。

ゴーン氏「3つのコミットメントに取り組む」…三菱自動車取締役会長就任で 画像
自動車 ビジネス

ゴーン氏「3つのコミットメントに取り組む」…三菱自動車取締役会長就任で

三菱自動車が12月14日に千葉市で開いた臨時株主総会で取締役会長の就任が承認された日産自動車のカルロス・ゴーン氏は、「今日は三菱自動車の再生に向けた新たな幕開け」と株主に呼びかけ、3つのコミットメントに取り組むことを明らかにした。

三菱自動車臨時株主総会、ゴーン氏らの取締役就任を承認…報酬3倍増も 画像
自動車 ビジネス

三菱自動車臨時株主総会、ゴーン氏らの取締役就任を承認…報酬3倍増も

三菱自動車は12月14日、千葉市で臨時株主総会を開き、筆頭株主の日産自動車からカルロス・ゴーン氏など首脳陣の取締役就任などを承認した。

三菱自、経営改革に向け組織改正…執行責任者4名を機能ごとに配置 画像
自動車 ビジネス

三菱自、経営改革に向け組織改正…執行責任者4名を機能ごとに配置

三菱自動車は、経営改革の一環として、2017年1月1日付で全社の組織体制の大幅な改編を行うと発表した。ルノー・日産アライアンスの一員として再出発するに伴い、経営体制を根本から見直し、持続的な成長の基盤を作り上げることが狙いだ。

【三菱 アウトランダーPHEV 試乗】どんなライフスタイルでもどんな道でも、賢く逞しい相棒に…まるも亜希子 画像
試乗記

【三菱 アウトランダーPHEV 試乗】どんなライフスタイルでもどんな道でも、賢く逞しい相棒に…まるも亜希子

プラグインハイブリッドとEVを融合した、世界唯一のSUVとして2012年末に登場した『アウトランダーPHEV』には、これまで市街地はもちろん500km以上のロングドライブ、山道、雪上、氷上とさまざまなシーンで試乗し、その素晴らしさを実感してきた。

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 …10 …20 ・・・> 次 >> 末尾
Page 1 of 193