三菱自動車 特別編集

関連インデックス
三菱 WRC ダカールラリー、ダカールシリーズ 三菱ふそうトラック・バス ダイムラークライスラー 三菱 RVR 三菱 i 三菱 アウトランダー 三菱 アスティ 三菱 アスパイア 三菱 eKワゴン/eKカスタム 三菱 エアトレック 三菱 FTO 三菱 ギャラン 三菱 グランディス 三菱 コルト 三菱 GTO 三菱 チャレンジャー 三菱 ディアマンテ 三菱 ディオン 三菱 ディンゴ 三菱 デリカ 三菱 デリカD:2 三菱 CU-H9000 三菱 トッポ 三菱 パジェロ 三菱 パジェロイオ、パジェロジュニア 三菱 パジェロミニ 三菱 ミニカ 三菱 ミラージュ 三菱 ランサー 三菱 リベロ 三菱 レグナム スズキ 日産自動車 三菱 デリカD:3 三菱 i-MiEV 三菱自動車 Dシリーズ 三菱 デリカD:5 三菱 トライトン 三菱 ミニキャブ
【インドネシアオートショー】三菱自、クロスオーバー小型MPVコンセプトを世界初公開 画像
自動車 ニューモデル

【インドネシアオートショー】三菱自、クロスオーバー小型MPVコンセプトを世界初公開

三菱自動車は、8月11日から21日まで開催される「インドネシア国際オートショー」に、スモールサイズのクロスオーバーMPVコンセプトカーを世界初公開する。

【夏休み】三菱自動車、小学生自動車相談室を開設 画像
自動車 ビジネス

【夏休み】三菱自動車、小学生自動車相談室を開設

三菱自動車は、7月20日から12月9日までの期間、小学生から寄せられる自動車産業全般に関する様々な質問を、フリーダイヤルやインターネット、手紙で受け付けて回答する「2016年 小学生自動車相談室」を開設する。

三菱米国販売0.8%増、アウトランダー は86%増…6月 画像
自動車 ビジネス

三菱米国販売0.8%増、アウトランダー は86%増…6月

三菱自動車の米国法人、三菱モータースノースアメリカは7月上旬、6月の米国新車販売の結果を明らかにした。総販売台数は8023台。前年同月比は0.8%増と、2か月ぶりに前年実績を上回った。

三菱自の中国販売25.6%減、15か月連続で減少…6月 画像
自動車 ビジネス

三菱自の中国販売25.6%減、15か月連続で減少…6月

三菱自動車の中国法人は7月上旬、中国における6月の新車販売の結果を公表した。総販売台数は5289台。前年同月比は25.6%減と、15か月連続で前年実績を下回った。

三菱合弁製クライスラー車、米国でリコール…サンバイザーで負傷する恐れ 画像
自動車 ビジネス

三菱合弁製クライスラー車、米国でリコール…サンバイザーで負傷する恐れ

三菱自動車とクライスラーの米国合弁工場で、かつて生産されていたクライスラー車。同車が米国において、リコール(回収・無償修理)を実施する。

三菱重工、三菱自を持分法適用会社から除外へ…日産との資本提携合意で 画像
自動車 ビジネス

三菱重工、三菱自を持分法適用会社から除外へ…日産との資本提携合意で

三菱重工業は、三菱自動車を持分法適用会社から除外すると発表した。

三菱自、「改革室」を設置…燃費不正再発防止、山下副社長直属 画像
自動車 ビジネス

三菱自、「改革室」を設置…燃費不正再発防止、山下副社長直属

三菱自動車は7月1日、燃費不正再発防止策として、日産自動車から開発部門トップに迎え入れた山下光彦副社長の直属組織として「事業構造改革室」を設置したと発表した。

三菱 eKシリーズ、7月5日から販売再開 画像
自動車 ビジネス

三菱 eKシリーズ、7月5日から販売再開

三菱自動車は1日、燃費データ不正問題で生産、販売を停止していた軽自動車『eKワゴン』『eKカスタム』『eKスペース』の販売を7月5日から再開することを正式に発表した。

【リコール】マツダなど5社、タカタ製エアバッグ不具合で73車種144万台を追加 画像
自動車 ビジネス

【リコール】マツダなど5社、タカタ製エアバッグ不具合で73車種144万台を追加

マツダ、富士重工(スバル)、三菱自動車、メルセデスベンツ日本、UDトラックスは6月30日、タカタ製エアバッグのインフレーターの不具合を原因とする追加リコールを(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。

【新聞ウォッチ】燃費不正の軽自動車4車種、あすから販売再開---三菱自と日産 画像
自動車 ビジネス

【新聞ウォッチ】燃費不正の軽自動車4車種、あすから販売再開---三菱自と日産

燃費データの不正問題で2カ月以上も販売を中止していた三菱自動車と日産自動車の軽自動車4車種の販売をあす7月1日から再開するという。三菱自の水島製作所での生産は7月4日に再開する方針だ。

日産、デイズ 販売停止の影響で国内販売26.2%減…5月実績 画像
自動車 ビジネス

日産、デイズ 販売停止の影響で国内販売26.2%減…5月実績

日産自動車が発表した2016年5月の生産・販売・輸出実績によると、グローバル生産台数は前年同月比0.4%増の43万5938台で5月として過去最高を記録し、4か月連続のプラスとなった。

三菱自動車、燃費データ不正で軽自動車販売75%減…5月実績 画像
自動車 ビジネス

三菱自動車、燃費データ不正で軽自動車販売75%減…5月実績

三菱自動車が発表した2016年5月の生産・国内販売・輸出実績によると、総生産台数は前年同月比25.4%減の6万5104台で、6か月連続のマイナスとなった。

【パリモーターショー16】三菱、グランドツアラー コンセプト 初公開へ 画像
自動車 ニューモデル

【パリモーターショー16】三菱、グランドツアラー コンセプト 初公開へ

三菱自動車は6月27日、フランスで9月に開催されるパリモーターショー16において、『グランドツアラー コンセプト』を初公開すると発表した。

三菱自動車、燃費データ不正対象車両検索システムを運用開始…パジェロなど5車種 画像
自動車 ビジネス

三菱自動車、燃費データ不正対象車両検索システムを運用開始…パジェロなど5車種

三菱自動車は6月24日、燃費データ不正問題に関連して、『パジェロ』や『RVR』など5車種について、補償対象となるかがわかる車両検索システムの運用を開始した。

益子会長「早期の資本提携が最も効果的な信用補完」…日産の出資受け入れで 画像
自動車 ビジネス

益子会長「早期の資本提携が最も効果的な信用補完」…日産の出資受け入れで

三菱自動車の益子修会長は6月24日に千葉市で開いた定時株主総会で、日産自動車の資本を受け入れることについて「早期に資本業務提携を結ぶことが最も効果的な信用補完になると考えた」と述べ、株主に理解を求めた。

益子会長「私どもは三菱ブランドを維持する」 画像
自動車 ビジネス

益子会長「私どもは三菱ブランドを維持する」

三菱自動車の益子修会長は6月24日に千葉市で開いた定時株主総会で、日産自動車との資本提携で三菱自のカラーが薄まることはないかとの株主の質問に対し、「私どもは三菱ブランドを維持する」と強調した。

三菱自による顧客と日産への補償内訳 画像
自動車 ビジネス

三菱自による顧客と日産への補償内訳

三菱自動車工業の益子修会長は24日、株主総会後に燃費不正行為に関連する特別損失の項目ごとの内訳を明らかにした。

三菱自、ラインオフは5台程度...益子会長 画像
自動車 ビジネス

三菱自、ラインオフは5台程度...益子会長

三菱自動車工業の益子修会長は株主総会後に、生産再開時期の詳細を明らかにした。岡山県倉敷市の生産停止中の水島製作所の再開は、7月4日として、次のように述べた。

三菱自、日産出身の山下氏ら新経営体制を承認…株主総会 画像
自動車 ビジネス

三菱自、日産出身の山下氏ら新経営体制を承認…株主総会

三菱自動車工業は6月24日、千葉市の幕張メッセで定時株主総会を開き、剰余金の処分案(期末8円配当)や取締役10人の専任など3議題を決議した。

岡山県の部品メーカー、三菱自離れの動きを加速 画像
自動車 ビジネス

岡山県の部品メーカー、三菱自離れの動きを加速

三菱自動車は岡山県の部品会社などサプライヤーに対しても補償する方針で、「7月早々から説明会を開く」(黒井義博常務執行役員)ことにしているが、その地元では三菱自動車との関係を見直す動きが出ている。

三菱自 益子会長、水島製作所の軽生産「7月4日にライン確認で再開」 画像
自動車 ビジネス

三菱自 益子会長、水島製作所の軽生産「7月4日にライン確認で再開」

三菱自動車工業の益子修会長は6月24日、千葉市の幕張メッセで開いた定時株主総会後に記者団の取材に応じ、7月4日から水島製作所(岡山県倉敷市)の軽自動車生産を再開する計画を明らかにした。

三菱自、益子会長「会社の安定に道筋つけたい」…株主総会で責任追求 画像
自動車 ビジネス

三菱自、益子会長「会社の安定に道筋つけたい」…株主総会で責任追求

三菱自動車工業は6月24日、千葉市の幕張メッセで定時株主総会を開き、剰余金の処分案(期末8円配当)や取締役10人の選任など3議題を決議した。

三菱 eK シリーズの損害賠償…詳細が明らかに 画像
自動車 ビジネス

三菱 eK シリーズの損害賠償…詳細が明らかに

三菱自動車工業(相川哲郎社長)は23日、燃費データ不正の軽4車種のうち、同社販売の軽自動車の損賠賠償について、その詳細を明らかにした。22日に、再提出した申請値が適法な燃費値として認められたことにより、同社の賠償対応が確定した。

日産株主総会、ゴーン社長「すべての危機はチャンス」と力説 画像
自動車 ビジネス

日産株主総会、ゴーン社長「すべての危機はチャンス」と力説

日産自動車は6月22日、パシフィコ横浜国立大ホールで第117回定時株主総会を開催した。出席株主は2098人で、質問者は抽選で選ばれた7人、総会時間は1時間51分とほぼ時間通りに終了した。

三菱自、8期ぶりの最終赤字予想も「一過性の損失で、成長戦略は積極的に進める」 画像
自動車 ビジネス

三菱自、8期ぶりの最終赤字予想も「一過性の損失で、成長戦略は積極的に進める」

三菱自動車は6月22日、一連の燃費データ不正問題を巡る特別損失の計上で2017年3月期の当期損益が1450億円の赤字になるとの見通しを発表した。

Page 1 of 187
    1 2 3 4 5 > 次 >> 末尾