【東京モーターショー15】日産唯一のワールドプレミアが軽の理由とは

自動車 ニューモデル モーターショー

日産 テアトロ for デイズ
  • 日産 テアトロ for デイズ
  • 日産 テアトロ for デイズ
  • 日産自動車 商品企画本部 先行商品企画部 佐々木英王 担当部長
  • 日産 テアトロ for デイズ
日産自動車は東京モーターショー2015で軽規格の電気自動車『テアトロ for デイズ』を唯一のワールドプレミアとして出品する。

デイズは、日産が三菱自動車と共同開発している軽モデルの名称として使われているが、先行商品企画部の佐々木英王担当部長は「この車自体は三菱とは関係なく、我々独自で考えている」とした上で、「日産の軽といえばデイズと受け止めて頂いているので、それの未来の提案ということで名前を冠した」と明かす。

今回の東京モーターショーで唯一のワールドプレミアが軽となった理由について佐々木氏は「日本のマーケットで今膨らんでいるのが、軽とコンパクト。残念ながら昨今の日産の状況でいくと、そのカテゴリーでのパフォーマンスが必ずしもポテンシャルについてきていない。軽で日産の商品企画が本気でいろいろなことを考えているというメッセージ」と語る。

さらに「この技術自体は軽でなくてもいいかもしれないが、とくに場所が東京で、我々としては日本の若い方々にメッセージを出し続けることが大切と考え、今回は軽で出品した」とも話していた。

テアトロ for デイズはリチウムイオンバッテリーを積んだ電気自動車で、インストルメントパネルやシート、ドアトリムも白で統一し、そこにさまざま映像や情報を映し出せるようにしているのが特徴。2020年に免許を取得する若者をターゲットにした車として提案するという。ただ現時点でパネルやシートに映像を出せる素材がないことから、実際の展示ではプロジェクションマッピングで技術を表現するとしている。
《小松哲也》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品