【東京モーターショー15】PS3から抜け出たコンセプトカー…日産 2020 ビジョングランツーリスモ

自動車 ニューモデル モーターショー

ニッサン コンセプト2020 ビジョン グランツーリスモ
  • ニッサン コンセプト2020 ビジョン グランツーリスモ
  • ニッサン コンセプト2020 ビジョン グランツーリスモ
  • ニッサン コンセプト2020 ビジョン グランツーリスモ
  • ニッサン コンセプト2020 ビジョン グランツーリスモ
  • ニッサン コンセプト2020 ビジョン グランツーリスモ
  • ニッサン コンセプト2020 ビジョン グランツーリスモ
  • ニッサン コンセプト2020 ビジョン グランツーリスモ
  • ニッサン コンセプト2020 ビジョン グランツーリスモ
日産は、東京モーターショー2015に、プレイステーション3専用ソフト、グランツーリスモ6のビジョングランツーリスモプロジェクトの一環として制作したコンセプトカー、『コンセプト2020ビジョングランツーリスモ』を展示する。

ビジョングランツーリスモとは、グランツーリスモシリーズの15周年を記念して立ち上げた企画で、全世界30社程がこの企画に参加している。

「このコンセプトカーは、日産がハイパフォーマンスカーの分野で2020年を想定し、あらゆるビジョンを具現化したものだ」とは、日産グローバルデザイン本部プロダクトデザイン部デザイン・ダイレクターの大月圭介氏の弁。

実際のデザイン開発では、「スーパーカーをデザインするということで、非常にワクワクした。日産のDNAのひとつであるハイパフォーマンスカーをデザイン出来るのは、エキサイティングな経験だった」と大月氏。デザイン決定は、日産内でデザインコンペを行い、ロンドンのデザインヨーロッパの案が採用された。

その案に、日産の若手エンジニアが加わり、「特に空力に関しての技術的フィードバックを加え、リアルな形に仕上げていった」という。

具体的には、「高速度領域での走行を想定し、空力シミュレーションを実施。特にアンダーフロアや、リアウイング、内部流などをシミュレーションし検討。その結果をデザインにフィードバックしている。パフォーマンスはV6ツインターボにプラスして、ハイブリッドシステムの4WDを想定している」と大月氏。

これらは、「空力的に洗練されたハイパフォーマンスカーをゲームの上で楽しんでもらえる設定となっている」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【トヨタ プリウスPHV 新型】世界初の駆動用ソーラー充電搭載…1日最大6.1km走行分を発電

    【トヨタ プリウスPHV 新型】世界初の駆動用ソーラー充電搭載…1日最大6.1km走行分を発電

  2. 【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

    【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

  3. 【トヨタ プリウスPHV 新型】航続60km以上、最高速135km/hに…豊島チーフエンジニア「EVの走りをはっきりと」

    【トヨタ プリウスPHV 新型】航続60km以上、最高速135km/hに…豊島チーフエンジニア「EVの走りをはっきりと」

  4. 【ホンダ NSX 新型】展示は販売店以外で…羽田空港、表参道ヒルズはじめ、名古屋、大阪でイベント

  5. 【ホンダ NSX 新型】開発責任者クラウス氏「競合車はない。これははっきりしている」

  6. フォルクスワーゲン CC 後継車、画像がリーク…4ドアクーペ健在

  7. ポルシェ カイエン 次期型、“ランデブー”高地テストを激写

  8. 【ホンダ NSX 新型】八郷社長「車がただの道具になってもらっては困る」

  9. ランドローバー ディスカバリースポーツ、2017年モデルの受注開始

  10. 【レヴォーグ STIスポーツ】上質な内装と疲れないクルマを求めてドアポケットにまでこだわり

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら