アウディ・BMW・メルセデス、ノキア のデジタル地図「HERE」の買収が完了

自動車 ビジネス 企業動向

ノキアのHERE買収完了を発表したBMWグループ、アウディ、ダイムラーの首脳
  • ノキアのHERE買収完了を発表したBMWグループ、アウディ、ダイムラーの首脳
アウディ、BMWグループ、メルセデスベンツを擁するダイムラーの3社は12月7日、ノキアのデジタル地図事業、「HERE」の買収が完了した、と発表した。

HEREは、フィンランドのノキアが提供しているデジタル地図&位置情報サービス。2015年8月、ドイツ・プレミアムカーの3大ブランド、アウディ、BMW、メルセデスベンツがHEREを買収することで、ノキアと合意していた。

HEREは、およそ200か国でサービスを提供しており、50言語以上に対応。3社に買収された後も、HEREは独立を保ち、従来通りのサービスを顧客に提供する。また、3社のHEREへの出資割合は、対等。HEREを買収することで、アウディ、BMW、メルセデスベンツは、自動運転車(ロボットカー)の研究開発を促進していく。

今回、アウディ、BMWグループ、ダイムラーの3社は、HEREの買収が完了したと発表。関係当局の承認が全て得られ、買収手続きが終了した。

アウディ取締役会のルパート・シュタートラー会長は、「世界に6500名を擁するHEREよりも、優れたデジタル地図サービスはない。HEREがさらなる価値を創造することで、業界をリードし続けるだろう」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集