【JNCC 第8戦】最終戦での大逆転、渡辺学がタイトル死守

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ウッズを走る渡辺学
  • ウッズを走る渡辺学
  • ライバル鈴木健二に4連勝された後半戦、この最終戦にてきっちり逆転チャンピオンに
  • 強烈なスピードを披露したJ・ストラングが優勝
  • 今大会はなんと690台ものエントリーがあった
東洋最大のクロスカントリーシリーズである、JNCCの最終戦は、ファンにはおなじみの名トラックである爺ヶ岳スキー場にて開催。「AAGP」と呼ばれ、国際大会としての側面も持つ。

今大会では、国際大会ならではのユニークな顔ぶれが登場。本場アメリカのGNCCからは、正式にGNCCから派遣されたC・バック、そして個人的にJNCCへ参戦した世界的なトップライダーJ・ストラング、またオーストラリアから昨年に続いてK・アンダーソンが来日した。

排気量無制限のトップクラスであるAA1においては、最終戦までタイトル争いがもつれ込み、これまで4連勝の鈴木健二と開幕から3連勝だった渡辺学の2名に注目が集まった。鈴木に関して言えば、この最終戦にあたって自らが開発に関わったYZ450FXをデビューさせるという檜舞台でもあった。

当日の夜明けから、しとしとと雨が降り続け、トラックはマディに。レースは、鈴木がスタートからマシントラブルで10分ほどのロス。また、渡辺学も大きく出遅れて鈴木ほどではないにせよ最後尾スタートを強いられる。オープニングラップから、外国勢の圧倒がはじまり、ストラング、バックの2名が3位以下を大きく離してランデブー走行を続ける。3番手は、ここぞとばかりに矢野和都が躍り出た。

渡辺は「とにかくチャンピオンを意識していたので、(鈴木)健二さんだけを気にかけていました。毎周健二さんとの差をピットで教えてもらって、余裕をもちながらレースを続けた」と語るとおり。ただ、持ち前のスピードから結局のところストラング、バックから大きく離れつつも3位でのフィニッシュとなり、チャンピオンを獲得した。1位はストラング、2位はバックという結果。
《稲垣 正倫》

編集部おすすめのニュース

特集