【JNCC 最終戦】アメリカからの刺客と善戦、渡辺学が感じた本場との差

渡辺学
  • 渡辺学
  • 序盤、渡辺はストラングと激闘を
  • 【JNCC 最終戦】アメリカからの刺客と善戦、渡辺学が感じた本場との差
  • A・デロング&J・ストラング
  • 【JNCC 最終戦】アメリカからの刺客と善戦、渡辺学が感じた本場との差
  • 【JNCC 最終戦】アメリカからの刺客と善戦、渡辺学が感じた本場との差
  • 【JNCC 最終戦】アメリカからの刺客と善戦、渡辺学が感じた本場との差
  • 【JNCC 最終戦】アメリカからの刺客と善戦、渡辺学が感じた本場との差

前戦にて、すでにトップクラスAA1のチャンピオンは渡辺学に決定済。

1週間後に控えているISDE(インターナショナルシックスデイズエンデューロ。ポルトガルにて開催)へ挑戦するために渡欧する前日というのに、ファンの期待に応えて渡辺が最終線AAGPへ登場。このAAGPは、例年本場アメリカのGNCCというレースから招待選手が走ることでも有名。ゲストは、今年で4度目の来日になる世界レベルのトップライダー、ジョシュ・ストラング、そしてホンダのアンドリュー・デロングが参戦。

オープニングラップから、この渡辺とジョシュが激しいバトルを繰り広げる展開。GNCCライダーは1周目から思い切り逃げ切り態勢を作っていくのが普通で、スタートで逃がしてしまえば、追いつけかせてもらえるような甘い走りはしない。渡辺は、この最終戦において新型のYZ250FXと、また発売したてのブリヂストンのガミータイヤをチョイス。ガレ場ののぼりでジョシュにアドバンテージを得ようという作戦。

渡辺は、4周目までジョシュに食らいつく走りをみせたものの、「その後一気にペースをあげられてしまいました。翌週のISDEもあるし、そこからはペースを落としました」とのこと。ジョシュも「序盤の渡辺とのレースは、とてもおもしろかった。彼はクレバーで、エキサイティングだ。上りは特に速くて、ガミータイヤのせいかもしれないが、まいったよ」とコメント。タイム上は、ジョシュと渡辺がバトルをしていた5周目までがベストだとのことだ。

もう一人のゲスト、デロングは序盤でマシンにトラブルを抱えてしまい、4番手からの追い上げとなったが、後半には渡辺を刺して2位のゴール。「コースはかなりタフだったけど、いいレースだった」とのこと。来年は、新コースや九州の阿蘇をふくめた充実したシーズンになることが発表済み。このAAGPでAクラスチャンピオンを決めた鈴木涼太もAAへ昇格して、一層賑やかなレースになると見られる。

《稲垣 正倫》

編集部おすすめのニュース

  • 【JNCC 第6戦】渡辺学、チャンピオン決定! 休みどころのないハードなレースを制す 画像 【JNCC 第6戦】渡辺学、チャンピオン決定! 休みどころのないハードなレースを制す
  • 【JNCC 第5戦】日本代表の意地を賭けて、ベテラン渡辺と若手馬場がぶつかりあう 画像 【JNCC 第5戦】日本代表の意地を賭けて、ベテラン渡辺と若手馬場がぶつかりあう
  • 【JNCC 第4戦】初開催の全開コース戸狩で、馬場大貴が渡辺学に迫る 画像 【JNCC 第4戦】初開催の全開コース戸狩で、馬場大貴が渡辺学に迫る

特集

おすすめのニュース