【東京モーターショー15】スズキ鈴木社長「思わずワォと言わせる商品群」

自動車 ニューモデル モーターショー
スズキ・プレスカンファレンス(東京モーターショー15)
  • スズキ・プレスカンファレンス(東京モーターショー15)
  • スズキ・プレスカンファレンス(東京モーターショー15)
  • スズキ・プレスカンファレンス(東京モーターショー15)
  • スズキ・プレスカンファレンス(東京モーターショー15)
  • スズキ・プレスカンファレンス(東京モーターショー15)
  • スズキ イグニス
  • スズキ イグニス トレイルコンセプト
  • スズキ バレーノ
スズキは6月末に就任した鈴木俊宏社長が、10月28日のプレスデーで東京モーターショーデビューとなった。四輪では2シーター軽自動車の『MIGHTY DECK(マイティデッキ)』など4モデルをワールドプレミアする力の入れようだ。

今回のテーマは「SUZUKI NEXT 100」。2020年に創立100周年を迎える同社が目指すモノづくりなど「次の100年」に向けた取り組みを提示している。小型車ではコンパクトクロスオーバー『IGNIS(イグニス)』や、コンパクト3列ミニバンのコンセプト『Air Triser(エアトライサー)』が注目されている。

鈴木社長は「思わずワォと言わせるようなスズキらしい独創的な商品を展示した。人とモビリティのこれからの100年へ向けた取り組みをご覧いただきたい」と話した。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集