【F1 アメリカGP】ハミルトン、チャンピオン獲得の可能性

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
3度目のタイトルに王手をかけたハミルトン
  • 3度目のタイトルに王手をかけたハミルトン
  • ルイス・ハミルトン(メルセデス)
  • ルイス・ハミルトン(メルセデス)
  • セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
  • ルイス・ハミルトン(メルセデス)
  • チャンピオン争いをするハミルトン(中央)、ロズベルグ(左)、ベッテル(右)
  • ニコ・ロズベルグ(メルセデス)
  • ルイス・ハミルトン(メルセデス)
現在F1ドライバーズランキングで首位を快走するルイス・ハミルトン(メルセデス)は、早ければ今週末の第16戦アメリカGPで早々と3度目のタイトルを獲得する可能性が出てきた。

前回ロシアGPを終え、ハミルトンが302ポイント、2位にはセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が上がり236ポイント、3位にニコ・ロズベルグ(メルセデス)の229ポイント。この3人がタイトル獲得の可能性を残している。しかし現王者が大きなアドバンテージを有しており、ベッテルに対し66ポイント差、ロズベルグに対しては73ポイント差をつけている。

昨年は最終戦のみダブルポイントになる制度があったが、今年は廃止され通常通りのレギュレーションに。アメリカGP終了時点でベッテル、ロズベルグに75ポイント以上の差をつければハミルトンの2年連続のチャンピオンが決まる。具体的な条件は以下の通り。ハミルトンが優勝したとしても残る2人の順位次第となるが、可能性は十分にある。

今季はロシアGPまでの15戦中8勝、ポディウムフィニッシュも13回、リタイアはシンガポールGPでのトラブルのみと、開幕戦から圧倒的な強さを誇ってきた。今回の舞台となるオースティンのサーキット・オブ・ジ・アメリカズのレースでは2勝しており相性も良い。現地時間25日の決勝レースでは、史上10人目となる通算3回目のワールドチャンピオン誕生の瞬間を迎えるかもしれない。


【アメリカGPでのハミルトンのチャンピオン決定条件(一部)】
<ハミルトンが優勝した場合>
ベッテル:3位以下、ロズベルグ:2位以下
<ハミルトンが2位の場合>
ベッテル:6位以下、ロズベルグ:3位以下
<ハミルトンが3位の場合>
ベッテル:7位以下、ロズベルグ:4位以下

2015 F1ドライバーズランキング(ロシアGP終了時点)
1.ルイス・ハミルトン(メルセデス)302ポイント
2.セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)236ポイント
3.ニコ・ロズベルグ(メルセデス)229ポイント
4.キミ・ライコネン(フェラーリ)129ポイント
5.バルテリ・ボッタス(ウイリアムズ)111ポイント
6.フェリペ・マッサ(ウイリアムズ)109ポイント
7.ダニール・クビアト(レッドブル)74ポイント
8.ダニエル・リチャルド(レッドブル)73ポイント
9.セルジオ・ペレス(フォース・インディア)54ポイント
10.ロマン・グロージャン(ロータス)44ポイント
《吉田 知弘》

編集部おすすめのニュース

  • 【F1 ロシアGP】ハミルトンが2連勝…ロズベルグ痛恨のノーポイント 画像 【F1 ロシアGP】ハミルトンが2連勝…ロズベルグ痛恨のノーポイント
  • 【F1 ロシアGP】ロズベルグ、2戦連続のポールポジション 画像 【F1 ロシアGP】ロズベルグ、2戦連続のポールポジション
  • 【F1 ロシアGP】雨の初日フリー走行はマッサがトップタイム 画像 【F1 ロシアGP】雨の初日フリー走行はマッサがトップタイム
  • 【F1日本G1】鈴鹿に帰ってきたマクラーレン・ホンダ、歴代パワーユニットやマシンを展示 画像 【F1日本G1】鈴鹿に帰ってきたマクラーレン・ホンダ、歴代パワーユニットやマシンを展示

特集