【フランクフルトモーターショー15】ジャガー・ランドローバー、『007』最新作登場車両を公開

自動車 ニューモデル モーターショー

ジャガー C-X75 とナオミ・ハリス
  • ジャガー C-X75 とナオミ・ハリス
  • 映画『007』最新作、『スペクター』に起用されるジャガー・ランドローバー車
  • ランドローバー ディフェンダー
  • ランドローバー レンジローバースポーツ SVR
  • ジャガー C-X75(フランクフルトモーターショー15)
  • ジャガー C-X75(フランクフルトモーターショー15)
  • ジャガー C-X75(フランクフルトモーターショー15)
  • ジャガー C-X75(フランクフルトモーターショー15)
英国の高級車メーカー、ジャガー・ランドローバーは9月15日夜、フランクフルトモーターショー15の開幕に合わせて、映画『007』シリーズの最新作、『スペクター』に起用される車両をドイツ・フランクフルト市内で初公開した。

『スペクター』(『SPECTRE』)は、映画『007』シリーズの最新作として、2015年12月に公開予定。ジャガー・ランドローバーは、この作品に全面協力しており、複数の車両をスペクターに提供する。

ジャガーブランドからは、2010年に発表したスーパーカーコンセプト、ジャガー『C-X75』を起用。C-X75は作品中、アストンマーティンの最新ボンドカー、『DB10』と、イタリア・ローマ市内でカーチェイスを繰り広げる。

ランドローバーブランドからは、『レンジローバースポーツSVR』と『ディフェンダー』が登場。両車は、ジャガー・ランドローバーの特別車両部門、「SVO」が、『スペクター』のために改造。最速SUVらしいパフォーマンスを、映画の中で存分に披露する。

なお、フランクフルトでの初公開イベントには、『スペクター』出演の女優のナオミ・ハリスと、俳優でプロレスラーのデビッド・バウティスタが現れ、華を添えた。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集