ハーレー ダークカスタム 2016年モデル、アジア初公開を日本で

モーターサイクル エンタメ・イベント

右はハーレーダビッドソン・デザイナーのダイス・ナガオ氏。『HARLEY-DAVIDSON DARK CUSTOM PARTY』(ハーレー。ダビッドソン ダークカスタムパーティ)にて。
  • 右はハーレーダビッドソン・デザイナーのダイス・ナガオ氏。『HARLEY-DAVIDSON DARK CUSTOM PARTY』(ハーレー。ダビッドソン ダークカスタムパーティ)にて。
  • 本邦初公開された2016年型XL1200X フォーティエイト。
  • 本邦初公開された2016年型XL883N アイアン883。
  • 『HARLEY-DAVIDSON DARK CUSTOM PARTY』(ハーレーダビッドソン ダークカスタムパーティ)。
  • ハーレーダビッドソン アジアパシフィックのディレクター・マーケティングオペレーションズのグレッグ氏。『HARLEY-DAVIDSON DARK CUSTOM PARTY』(ハーレーダビッドソン ダークカスタムパーティ)にて。
  • ハーレーダビッドソン アジアパシフィックのディレクター・マーケティングオペレーションズのグレッグ氏。『HARLEY-DAVIDSON DARK CUSTOM PARTY』(ハーレー。ダビッドソン ダークカスタムパーティ)にて。
  • 本邦初公開された2016年型XL1200X フォーティエイト。
  • 『HARLEY-DAVIDSON DARK CUSTOM PARTY』(ハーレーダビッドソン ダークカスタムパーティ)。
ハーレーダビッドソンのダークカスタム 2016年モデルを披露する「HARLEY-DAVIDSON DARK CUSTOM PARTY」(ハーレーダビッドソン ダークカスタムパーティ)が、9月9日の夜、東京都心の湾岸エリアにある「TABLOID」(港区竹芝)にて開催された。

ハーレーダビッドソンジャパンは国内の報道関係者だけでなく、アジア太平洋地域全体のメディアをこれに招待。ニュー・スポーツスターの発表を、アジア太平洋地域を代表して、日本で行うかたちとなった。

オープニングでは、同社アジアパシフィックのディレクター・マーケティングオペレーションズのグレッグ氏と、デザイナーのダイス・ナガオ氏が、新しくなった『XL1200X フォーティエイト』『XL883Nアイアン883N』を紹介。日本のメディアはもちろん、オーストラリアやインド、韓国などの記者らにお披露目した。

XL1200X フォーティエイトとXL883N アイアン883Nをはじめとする、ハーレーダビッドソンのダークカスタムは、クロームパーツを排し、ブラックパーツで精悍なスタイルを追求するカスタムトレンド。XL1200X フォーティエイトやXL883N アイアン883は、その代表格となっている。
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

特集