【ギフトショー15】さまざまなシーンを撮影できるアクセサリーで新たな市場開拓…ハクバ

モーターサイクル エンタメ・イベント

ハクバ写真産業のブースに展示されたBMWのオートバイ
  • ハクバ写真産業のブースに展示されたBMWのオートバイ
  • ハクバ写真産業が販売するジョビー社製商品
  • ハクバ写真産業が販売するジョビー社製商品
  • ハクバ写真産業が販売するジョビー社製商品
  • ハクバ写真産業が販売するジョビー社製商品
  • 今秋発売予定の車用と自転車用のアクセサリー
東京ビッグサイトで開催された「東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2015」でBMWのオートバイを展示しているブースがあった。それはカメラの三脚やバッグ、アルバムなどを販売するハクバ写真産業だ。

「うちはカメラ業界では認知度もあり、家電量販店などでも商品を扱っていただいていますが、アウトドアや車関係、雑貨業界ではあまり知られていないのが実情なんです。カメラの販売台数も減っているので、新たな市場開拓ということで今回の展示会に出展しました」と同社関係者は説明する。

特に同社が目を付けたのがオートバイ関係だ。最近、ライダーの中にアクションカメラを付けて走る人が増えており、そのためのアクセサリーを今回披露したわけだ。BMWのオートバイにはいくつかのアクセサリーがついており、その先端にはカメラが装着してあった。タイプもハンドルなどに固定して付けるものや吸盤でタンクに付けるものなどがあり、さまざまな角度からの撮影が可能だという。

そのほかにも、同社のブース内にはスマートフォンや一眼レフ用の変幻自在の三脚などがあり、撮影のためのアクセサリーが約70種類にも及ぶという。これらはすべて米国ジョビー社が製造したものを輸入販売しているもので、「ここ数年でアイテム数が急速に増えました」と同社関係者。今秋には車用や自転車用のアクセサリーも販売する予定だ。
《山田清志》

編集部おすすめのニュース

特集