国交相、道南いさりび鉄道の鉄道事業を許可…江差線の経営引き継ぐ

鉄道 行政
道南いさりび鉄道は北海道新幹線の部分開業(緑)に合わせ、江差線五稜郭~木古内間(赤)の経営を引き継ぐ。
  • 道南いさりび鉄道は北海道新幹線の部分開業(緑)に合わせ、江差線五稜郭~木古内間(赤)の経営を引き継ぐ。
  • 道南いさりび鉄道はJR北海道からキハ40形気動車を譲り受けて旅客列車を運行する。

国土交通大臣は、道南いさりび鉄道が申請していた五稜郭(北海道函館市)~木古内(木古内町)間37.8kmの第一種鉄道事業を6月29日付で許可する。国土交通省が6月26日、発表した。

五稜郭~木古内間は現在、JR北海道が江差線として運営しているが、並行する北海道新幹線新青森~新函館北斗間の部分開業(本年度末)と同時にJRから分離され、第三セクターの道南いさりび鉄道が経営を引き継ぐ。これに伴い道南いさりび鉄道は3月27日、五稜郭~木古内間の鉄道事業許可を申請していた。

許可状は6月29日の10時から、北海道運輸局の渡邊良局長が道南いさりび鉄道の小上一郎社長に交付する予定だ。

《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース