【トヨタ ヴェルファイア 試乗】シートと走りは期待以上、内装も満足の8人乗り…島崎七生人

試乗記 国産車

トヨタ ヴェルファイアV・8人乗り
  • トヨタ ヴェルファイアV・8人乗り
  • トヨタ ヴェルファイアV・8人乗り
  • トヨタ ヴェルファイアV・8人乗り
  • トヨタ ヴェルファイアV・8人乗り
  • トヨタ ヴェルファイアV・8人乗り
  • トヨタ ヴェルファイアV・8人乗り
  • トヨタ ヴェルファイアV・8人乗り
高級セダンにヒケを取らない上質な乗り心地や静粛性、走行性能…それがら発売直後のユーザーからの評価点として高かったという。まったくその通りで、ユーザーの期待に応える商品性の高さは、改めて実感するところ、だ。

試乗車は、そんな『ヴェルファイア』の8人乗りが設定される準上級の「V」グレード。さすがと思わせられるのは、最上級の「Exective Lounge」から乗り換えても、まったく引け目を感じない内装ということだ。とくに2列目シートは、チップアップ、720mmスライドなど実用的な機能を確保。その上で、このクラスならではの快適な着座感がしっかりと確保されている。シートの実態は“ベンチ型”だが、3人がけの左右席にプライオリティが置かれ、中央とドア側のアームレストを使いながら着座すれば、厚みのあるクッションと心地いい伸縮性のシート表皮で、7人乗りの個別シートに迫る快適性。このクラスのミニバンらしく、大人やゲストをもてなすには十分の仕上がりになっている。

3列目は他グレード同様、ならではの空間の広さがある。さらに2列目と足元スペースをシェアしあえば、さらにゆったりと座ることもできる。

もはや“調度品”と呼びたくなるほどの艶やかな木目パネル、コンソールなど各部の仕上げ、造りのよさ、天井のアンビエントライトや時計等、手練の装備、機能の数々ももてなしてくれる。

アイドリングストップも効かす2.5リットルエンジンもスムースな上、軽快感すらある動力性能を発揮してくれる。カドのないなめらかな乗り味も、走らせても乗員の夢を壊さない。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★


島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

編集部おすすめのニュース

特集