ダイハツ、軽福祉車 フレンドシップシリーズ を一部改良…安全性能向上

自動車 ニューモデル 新型車
ダイハツ ムーヴ フロントシートリフト カスタムX SA II
  • ダイハツ ムーヴ フロントシートリフト カスタムX SA II
  • ダイハツ タント スローパー X SA II
ダイハツ工業は、軽福祉車『ムーヴ フロントシートリフト』『タント スローパー』『タント ウェルカムシート』を一部改良し、5月11日から発売する。

今回の一部改良では、ベース車両となる『ムーヴ』『タント』の改良にあわせ、カメラを新搭載した「スマートアシストII」を採用。安心・安全性能を高めた。タント ウェルカムシートでは、最廉価となるLグレードを追加することで入り口価格を下げながら、全グレードでスマートアシストIIを標準装備とした。

また、タント スローパー、タント ウェルカムシートはベース車の改良と同様に、パワースライドドアにワンタッチオープン機能の追加し、VSC&TRCを全車標準装備化。さらにスーパーUV&IRカットガラス(フロントドア)やスーパークリーンエアフィルターの標準装備化など使い勝手の良さや基本性能を向上させた。

価格はムーヴ フロントシートリフトが127万円から158万円、タント スローパーが143万円から181万円、タント ウェルカムシートが152万5000円から186万円。
《纐纈敏也@DAYS》
【画像】ダイハツ、軽福祉車 フレンドシップシリーズ を一部改良…安全性能向上(2枚)

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース