【上海モーターショー15】中国で大ヒットの VW サンタナ にハッチバックモデル登場

自動車 ニューモデル モーターショー
VW グラン サンタナ(上海モーターショー15)
  • VW グラン サンタナ(上海モーターショー15)
  • CクーペGTE(上海モーターショー15)
  • シロッコGTS(上海モーターショー15)
  • VW プレスカンファレンス(上海モーターショー15)
  • CクーペGTE(上海モーターショー15)
  • VW プレスカンファレンス(上海モーターショー15)
  • VW プレスカンファレンス(上海モーターショー15)
  • VW プレスカンファレンス(上海モーターショー15)
フォルクスワーゲンは、4月20日に開幕した上海モーターショー15のプレスカンファレンスで3台の世界初公開モデルを紹介した。

その3台とは『CクーペGTE』『シロッコGTS』『グラン サンタナ』だ。

CクーペGTEは、伸びやかなフォルムの次世代最上級サルーンである。パワートレインは、システム合計出力180 kW(245PS)/500Nmのプラグインハイブリッド。搭載する14.1kWhのバッテリーを使って50kmものEV走行を可能とする。

シロッコGTSは、最高出力162kW(220PS)の2.0TSIエンジンと6速MT/6速DSGを搭載するスポーティモデル。0-100km/h加速6.5秒、最高速度246km/hを誇る。

グラン サンタナは、まったく予告なしのサプライズ登場であった。これは、中国市場でこれまで460万台以上販売されてきた人気モデル『サンタナ』のハッチバックバージョンだ。セダンとくらべると、よりカジュアルな雰囲気のハッチバックを投入することで、若い世代のユーザー獲得を狙うという。上海フォルクスワーゲンからの発売となり、EA211シリーズ・エンジンと7速DSGが搭載される。

また、カンファレンスでは第7世代の『ゴルフGTI』の中国導入も発表された。
《鈴木ケンイチ》

編集部おすすめのニュース

  • 【上海モーターショー15】フォルクスワーゲン、Cクーペ GTE 発表…次世代最上級サルーン 画像 【上海モーターショー15】フォルクスワーゲン、Cクーペ GTE 発表…次世代最上級サルーン
  • 【上海モーターショー15】VW シロッコ に「GTS」復活…2.0ターボは220ps 画像 【上海モーターショー15】VW シロッコ に「GTS」復活…2.0ターボは220ps
  • 2014年度の世界新車販売、VW が初の首位…トヨタ に僅差 画像 2014年度の世界新車販売、VW が初の首位…トヨタ に僅差
  • VW のヴィンターコルンCEO、続投へ…世界首位へ体制強化 画像 VW のヴィンターコルンCEO、続投へ…世界首位へ体制強化

特集