【ホンダ ジェイド 試乗】どのクルマにも似ていない独特のスポーティさ…九島辰也

試乗記 国産車

ホンダ ジェイド
  • ホンダ ジェイド
  • ホンダ ジェイド
  • ホンダ ジェイド
  • ホンダ ジェイド
  • ホンダ ジェイド
  • ホンダ ジェイド
  • ホンダ ジェイド
  • ホンダ ジェイド
このクルマは新しいコンセプトからなる。3列シートはミニバン風でもあり、スタイリングはステーションワゴン風でもあるからだ。しかも、滑らかなラインはクーペを意識したフォルム。かつてミニバンの元祖となるプリムス『ボイジャー』をセグメントバスターと言ったが、そんなことを思い出させた。

でもって走らせるとかなりスポーティ。試乗したのが箱根のワインディングということもあり、そんな一面を強く見せつけられた。減衰圧の高いダンパーがフロントのロールを抑え込むところは、深いロール角を持つ『オデッセイ』とは違う。ほとんどロールしない『レジェンド』までとはいかないが、ホンダとしては新しいセッティングだ。

また、ハイブリッド機能もこまめに動力源を変え、しっかりと働いているのを感じさせた。エンジンを積極的に使うポイントでは上まで回し、モーターでサポートする場面ではグイッとトルクを発生させる。そこのレスポンスがいいのもスポーティに感じた一因かもしれない。ステアリングを右に左に動かしていると、じわじわとホンダらしさが顔を出すからジェイドはおもしろい。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★


九島辰也|モータージャーナリスト
東京・自由が丘出身。新車のインプレッションから海外ブランドのヒストリー、カーカルチャーまで幅広く活動。特に英国車、英国文化に造詣が深い。趣味はゴルフとマリンスポーツ。日本葉巻協会員。
《九島辰也》

編集部おすすめのニュース

特集