レヴォーグ 欧州販売は年内? 技術開発の一部は日本にもフィードバックも

自動車 ビジネス 海外マーケット

スバル レヴォーグ(スバル 2014年モデル ラインアップ試乗会)
  • スバル レヴォーグ(スバル 2014年モデル ラインアップ試乗会)
  • スバル 2014年モデル ラインアップ試乗会
  • スバル WRX STI
  • スバル 2014年モデル ラインアップ試乗会
  • スバル 2014年モデル ラインアップ試乗会
  • スバル 2014年モデル ラインアップ試乗会
  • スバル 2014年モデル ラインアップ試乗会
  • スバル 2014年モデル ラインアップ試乗会
3月23日、スバルは2014年モデルの各車ラインアップ試乗会を開催した。

会場には、『レヴォーグ』、『レガシィ B4』、『レガシィ アウトバック』、『インプレッサ G4』、『インプレッサ SPORT』、『XV』、『WRX S4』、『WRX STI』、『フォレスター』の9車種が用意され、そのうち、WRX STI、レヴォーグ、レガシィ B4、XVの4車種に試乗した。

試乗会では、スバルの車両開発に関するプレゼンテーションなども行われた。レヴォーグの説明を行ったスバル商品企画本部プロジェクトジェネラルマネージャ 熊谷泰典氏に、レヴォーグの欧州仕様車について聞いてみた。

レヴォーグはジュネーブモーターショー15で欧州デビューを飾っており、欧州の販社、メディア関係者を日本に招待して試乗会なども開催されているという。熊谷氏によれば、レヴォーグの大きさは欧州でも評価されているといい、年内なるべく早いうちに欧州市場へ投入したい考えがあるという。とはいえ、現地で販売するには、やはりヨーロッパの道や気候風土に合わせたチューニングが必要だ。路面の違いもさることながら、150km/hくらいの高速巡航も考えると、足回りや騒音対策など欧州仕様を開発する必要がある。その過程で日本向けにも有効な技術開発があれば、一部のフィードバックもあり得るそうだ。

なお、レヴォーグの最初の欧州仕様車では、EyeSightの採用が見送られる(熊谷氏)ようだ。これは、排気ガス規制やエンジンの特性が日本向けと若干変わるため、ブレーキの制御や調整に少し時間をかけているからだという。
《中尾真二》

編集部おすすめのニュース

特集