日産 NV200タクシー、2015年6月下旬より日本導入

自動車 ニューモデル 新型車
日産 NV200タクシー
  • 日産 NV200タクシー
  • 日産 NV200タクシー
  • 日産 NV200タクシー
  • 日産 NV200タクシー
  • 日産 NV200タクシー
  • 日産 NV200タクシー
  • 日産 NV200タクシー
  • 日産 NV200タクシー
日産自動車は11月26日、『NV200タクシー』を2015年6月下旬より発売すると発表した。

NV200タクシーは、多目的商用車『NV200(日本名:NV200バネット)』を基に開発した新世代タクシー。同様のモデルは、すでに米国・ニューヨーク市にて、次世代イエローキャブとして稼働している。

NV200タクシーは、ワゴンタイプならではの広々とした室内空間と荷室スペース、スムースな乗り降りが可能な大きなドア開口部やパノラミックルーフが特徴。さらに新設計のシートとサスペンションの最適化により、乗り心地の面でもセダンタクシー並みの快適性を実現している。

また、高いアイポイントによる視界の良さ、余裕のヘッドスペースに加え、優れた取り回し性能により、長時間運転することの多いタクシードライバーの疲労を低減し、安全な業務を可能とする。

一方、オートスライドドアやオートステップなどを標準採用しながら、車両価格はこれまでのセダンタクシーと同等レベルに抑えることで、初期導入費用を軽減する。また、ガソリンとLPGの両方の燃料が使用できる「LPGバイフューエルシステム」搭載車もガソリン車とあわせて設定。さらに整備性を向上させることで、維持コストの削減を実現する。

価格は219万6720円から301万1040円。
《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース