【新城ラリー14】トヨタFCVラリー仕様、セーフティカーとして285kmを走行…11月1・2日

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

トヨタFCVラリー仕様
  • トヨタFCVラリー仕様
  • トヨタFCVラリー仕様
  • トヨタFCVラリー仕様
  • トヨタFCVラリー仕様
  • トヨタFCVラリー仕様
GAZOOレーシングは、「新城ラリー2014」で11月1日・2日に行われる「全日本ラリー選手権 第9戦」での00カーとして、トヨタFCVが公道走行すると発表した。

トヨタFCVは、トヨタが2014年度内での販売を予定している、次世代のエコカー。水素と酸素を化学反応させて電気をつくる「燃料電池」を搭載し、モーターで走行する。

00カーとは、ラリーのレーススタート前30分に走行するセーフティカー。今回、足回りをラリー走行用にチューニングするとともに、カラーリングを施した専用車で2日間、総走行距離285.090km、うちSS(タイムアタック)区間92.258kmのコースを走行する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集