【SEMA14】トヨタ ヴィッツ が圧巻のワイドボディに

自動車 ニューモデル 新型車

トヨタ ヤリス(ヴィッツ)のDUBエディション
  • トヨタ ヤリス(ヴィッツ)のDUBエディション
  • トヨタ ヤリス(ヴィッツ)のDUBエディション
  • トヨタ ヤリス(ヴィッツ)のDUBエディション
  • トヨタ ヤリス(ヴィッツ)のDUBエディション
  • トヨタ ヤリス(ヴィッツ)のDUBエディション
  • トヨタ ヤリス(ヴィッツ)のDUBエディション
トヨタ自動車の米国法人、米国トヨタ販売は10月27日、米国ラスベガスで11月に開催されるSEMAショー14において、『ヤリス』(日本名:『ヴィッツ』)の「DUBエディション」を初公開すると発表した。

ヴィッツのDUBエディションは、米国におけるトヨタブランドの入門車、最新の2015年型ヤリスをベースにしたカスタマイズカー。米国のカスタマイズカーの人気メディア、『DUBマガジン』と協力し、カスタマイズが施された。

外観は、TSデザインの手によって、ワイドボディ化。大きく張り出したフェンダーが圧巻で、ニットーブランドの245/30R20サイズのタイヤが収まる。20インチのホイールは、グロスブラック仕上げ。ボディカラーはホワイトが基本だが、リアゲートやワイド化されたリアフェンダー部分を中心に、ブラックとした。

足回りには、ローダウンサスペンションを採用。TRD製の大容量ブレーキキットと、ストップテック製ローターも組み込む。

室内には、スパルコ製レーシングシートをはじめ、カーボンファイバーのアクセント、パールホワイトのロールオーバーバーなどを装備。オーディオは、ハイエンドの高出力タイプに交換されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集