テスラ モデルS が2モーターの4WDに…パワーも倍増の691hp

エコカー EV

テスラ モデルS
  • テスラ モデルS
  • テスラ モデルS
  • テスラ モデルS
  • テスラ モデルS
  • テスラ モデルS
  • テスラ モデルS
米国のEVベンチャー企業、テスラモーターズは10月上旬、『モデルS』の新グレード、「P85D」を米国で発表した。

P85Dは、モデルSの最上級グレードとして登場。EVパワートレインが強化されており、モデルSで最速のパフォーマンスを追求する。

P85Dは、米国仕様の「85」(二次電池のリチウムイオンバッテリー容量が85kWhを意味)がベース。従来、モデルSは、リアアクスルにのみモーターを搭載し、後輪を駆動。このP85Dでは、フロントアクスルにもモーターを追加し、4輪駆動としているのが特徴。

リア側のモーターも強化されており、前後のモーターを合わせたトータル出力は、85仕様の380hpから、P85Dでは691hpへ、311hpも向上。この効果で、0-96km/h加速は3.2秒と、2.2秒短縮。最高速は250km/hと、ほぼ50km/h高められた。

P85Dは、米国では2015年2月から販売を開始する予定。パワーアップに対応して、足回りはサスペンションやブレーキなどが専用チューニングされている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集