【ボルボ S60/V60 ポールスター】ハルデックス製4WDは理論上「0:100」も…レース技術などふんだんに

自動車 ニューモデル 新型車

ボルボ S60ポールスター
  • ボルボ S60ポールスター
  • ボルボ V60ポールスター
  • ボルボ S60ポールスター
  • ボルボ S60ポールスター
  • ボルボ S60ポールスター
  • ボルボ S60ポールスター
  • ボルボ S60ポールスター
  • ボルボ S60ポールスター
ボルボ・カー・ジャパンが発売している『S60/V60 ポールスター』は、ボルボのオフィシャルレースパートナーである、ポールスター社と共同開発したコンプリートカーである。

これまでもポールスターのエンブレムを装着したクルマはあったが、それらはエンジンのコンピューターチューンなどに留まっていた。しかし今回は、「ターボやインタークーラー、トランスミッションの制御も変更され、更にハルデックスの四輪駆動システムのトルク配分も変えている」と話すのは、同社コーポレート・コミュニケーション部の相良賢一さん。

通常モデルのトルク配分はフロント寄りのセッティングだ。しかし、このポールスターでは、「ESCをオフにして、トランスミッションをスポーツモードにすると、ハルデックスのプログラムは、より後輪寄りのセッティングに変更される。あくまでも理論上であり、このような特別な状況になることはまずないだろうが、前0:後100まで可変可能になる」と相良さん。因みに、「通常のモデルが前80:後20くらいのシチュエーションの場合でも、ポールスターで前述のモードを選択すると50:50くらいになる」という。

また、「スポーツモードを選択することで、電子制御式エギゾーストフラップ付の専用のエグゾーストシステムの排気フラップが開閉することで、抜けの良い乾いた排気音に変化する」と述べる。

このモデルは全世界750台限定で、日本にはそのうちS60ポールスターが30台、V60ポールスターが60台割り当てられている。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集