【パリモーターショー14】三菱 アウトランダーPHEV に先進デザインの「コンセプト-S」

自動車 ニューモデル モーターショー

三菱・アウトランダー PHEV コンセプト-S(パリモーターショー14)
  • 三菱・アウトランダー PHEV コンセプト-S(パリモーターショー14)
  • 三菱・アウトランダー PHEV コンセプト-S(パリモーターショー14)
  • 三菱・アウトランダー PHEV コンセプト-S(パリモーターショー14)
  • 三菱・アウトランダー PHEV コンセプト-S(パリモーターショー14)
  • 三菱・アウトランダー PHEV コンセプト-S(パリモーターショー14)
  • 三菱・アウトランダー PHEV コンセプト-S(パリモーターショー14)
三菱は2日に開幕したパリモーターショーで、『アウトランダーPHEV コンセプト-S』を初公開した。『アウトランダーPHEV』のスペシャルパッケージとして提案するコンセプトモデルだ。

フロントグリル中央にスリーダイヤを据え、左右から包み込むように象徴的なクロームモールで縁取ることにより、三菱自動車のSUVらしい力強さと安心感を表現した。また、中心から外に向かって切れ上がっていくヘッドランプは、PHEVの先進性とダイナミックさを表している。

フロントデザイン同様、リヤにおいても左右からプロテクトするイメージを強調するクロームモールと、外に向かって左右に広がるスリット状のリヤコンビランプで、動きのあるデザインとした。ボディカラーには、ガラス粒子を織り交ぜた輝きのあるプラチナホワイトを採用している。

インテリアは、「ブラック&バーガンディ」を基調とする上質な空間を演出。木目にシルバーのアクセントをあしらった本杢加工、職人の手による丁寧な縫製で仕立てた本革シート、漆箱をモチーフとしたフロアコンソールなど、緻密で洗練された技巧を細部まで取り入れることで、プレミアムなインテリアとした。

また、立体感のあるシートパッドが優れたフィット感を実現するとともに、乗員の身体に沿わせる形で施した柔らかなトリミングラインが、高いホールド性も実現。さらに、トリミングラインにはシルバーのアクセントをあしらうことで、ボディカラーとのコーディネートを図り、スポーティさと上質感を演出している。

現行アウトランダーPHEVをベースとしたカスタマイズコンセプトだが、この仕様での販売やモデルチェンジの計画は現段階ではないのだという。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集