【パリモーターショー14】シトロエン DS から新コンセプト「ディヴィーヌ」…4ドアコンパクト提示

自動車 ニューモデル モーターショー

シトロエン ディヴィーヌ DS(パリモーターショー14)
  • シトロエン ディヴィーヌ DS(パリモーターショー14)
  • シトロエン ディヴィーヌ DS(パリモーターショー14)
  • シトロエン ディヴィーヌ DS(パリモーターショー14)
  • シトロエン ディヴィーヌ DS(パリモーターショー14)
  • シトロエン ディヴィーヌ DS(パリモーターショー14)
  • シトロエン ディヴィーヌ DS(パリモーターショー14)
  • シトロエン ディヴィーヌ DS(パリモーターショー14)
  • シトロエン ディヴィーヌ DS(パリモーターショー14)
フランスの自動車大手、シトロエンは10月2日、フランスで開幕したパリモーターショー14において、コンセプトカーの『ディヴィーヌDS』を初公開した。

ディヴィーヌDSは、シトロエンの高級ブランド、「DS」が、洗練と先進デザインの融合をテーマに、新たな小型4ドア車を提案したコンセプトカー。ボディサイズは、全長4210×全幅1980×全高1350mm。大胆で力強いボディラインや、ハッチバックデザインが特徴。改良新型『DS3』を思わせるヘッドランプには、レーザーヘッドライトが採用された。シトロエンは、「4ドアコンパクトのシルエットには、力強く、高級感がある。大胆で独特のグラフィックで構成されたスタイル」と説明する。

室内は、未来的なデザイン。DSブランドらしく、顧客の好みを反映させた豊富なカスタマイズアイテムを用意する。中でも、オーストリアのスワロフスキー社と協力。高級ガラスをあしらったカスタマイズも可能とした。また、10.4インチのHDタッチ・ドライブ・インターフェースに各種情報表示や操作系を集約。

また、DSのデザインチームは「イペールティパージュ」と呼ばれる考え方を初めて採用。これは、3つの世界観の異なるインテリアを、それぞれ組み合わせるセンセーショナルな手法。シトロエンによると、独自の個性を与えられた世界観を表現したものだという。

搭載エンジンは、直噴1.6リットル直列4気筒ガソリンターボ「THP」。最大出力270ps/6000rpm、最大トルク33.7kgm/1900-5500rpmを発生する。CO2排出量は145g/km。排出ガス性能は、ユーロ6に適合させた。シトロエンは、「ディヴィーヌDSには、DSブランドのエッセンスと、その未来を凝縮したマニフェストを表現した」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集