NEXCO、首都高など、回数券の払い戻しは2016年3月31日で終了

自動車 社会 行政
NEXCO東日本・中日本・西日本、首都高速道路、阪神高速道路では、回数券廃止に伴う回数券の払い戻しは、2016年3月31日(当日消印有効)をもって終了する。

北海道が道央・札樽自動車道(札幌南~札幌西)、道東自動車道(十勝清水~本別・足寄)、日高自動車道、深川留萌自動車道。

東北が山形自動車道(笹谷~関沢)、百石道路、秋田自動車道(秋田北~昭和男鹿半島)、秋田自動車道(琴丘森岳~八竜)、湯沢横手道路、米沢南陽道路。

関東が第三京浜道路、京葉道路、横浜新道、千葉東金道路、横浜横須賀道路、東京湾アクアライン、東京外環自動車道、東京湾アクアライン連絡道、圏央道、富津館山道路、東水戸道路、日光宇都宮道路、東名高速道路(東京~厚木)、中央自動車道(高井戸~八王子)、小田原厚木道路、八王子バイパス、西湘バイパス、東富士五湖道路、新湘南バイパス、箱根新道、西富士道路。

中部は、東名阪自動車道(均一区間)、伊勢湾岸自動車道(東海~飛島)、中部縦貫自動車道(油坂峠道路)、藤枝バイパス、掛川バイパス、磐田バイパス、浜名バイパス、豊川橋。

関西が、近畿自動車道・阪和自動車道、西名阪自動車道、京滋バイパス・第二京阪道路、京都丹波道路、京奈道路、第二神明道路、南阪奈道路、湯浅御坊道路、海南湯浅道路、湖西道路。

中国・四国では、山陰自動車道(松江玉造~宍道)、山陰道(安来道路)、山陰道(江津道路)、広島岩国道路、米子道路(淀江大山~米子東)、高松自動車道(津田東~さぬき三木)、今治小松自動車道。

九州・沖縄では、中国自動車道(小月~下関)、沖縄自動車道・那覇空港自動車道(南風原道路)、西九州自動車道(武雄佐世保道路)、西九州自動車道(佐世保道路)、南九州自動車道(鹿児島道路)、南九州自動車道(八代日奈久道路)、宇佐別府道路、日出バイパス、隼人道路、延岡南道路、椎田道路。

その他、都市高速道路では、首都高速道路、阪神高速道路も回数券の払い戻しを行う。

また、仙台東部道路、仙台南部道路、仙台北部道路、三陸自動車道は、2018年3月31日(当日消印有効)をもって払い戻しを終了する。


NEXCO東日本、中日本、西日本、首都高速道路、阪神高速道路のサイトでそれぞれ詳細を説明している。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集