【パリモーターショー14】アウディ TT 新型に ロードスター…新開発ソフトトップ採用

自動車 ニューモデル 新型車
新型 アウディ TT ロードスター
  • 新型 アウディ TT ロードスター
  • 新型 アウディ TT ロードスター
  • 新型 アウディ TT ロードスター
  • 新型 アウディ TT ロードスター
  • 新型 アウディ TT ロードスター
  • 新型 アウディ TT ロードスター
  • 新型 アウディ TT ロードスター
ドイツの高級車メーカー、アウディは9月24日、新型『TTロードスター』の概要を明らかにした。実車は10月、フランスで開催されるパリモーターショー14で初公開される。

アウディは2014年春、ジュネーブモーターショー14において、3世代目となる新型『TT』を発表。クーペボディだけだった新型に、今回追加されたオープン版が、新型TTロードスター。

注目のルーフは、引き続きソフトトップだが、新開発されたもの。アルミやマグネシウムなどの素材を使用。先代比で、ソフトトップの重量を3kg軽量化し、39kgとした。ソフトトップの色は、ブラックやチタニウムグレーなど、合計3色を設定。

開閉は2個のモーターによる電動式で、開閉にかかる時間はおよそ10秒。50km/h以下なら、走行中でも開閉できる。トランク容量は、280リットルを確保。

欧州仕様のエンジンは、ガソリンとディーゼル。ガソリンは直噴2.0リットル直列4気筒ターボ「TFSI」で、最大出力230hp、最大トルク37.7kgmを発生する。トランスミッションは、6速MTと6速Sトロニックを用意している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集