フェラーリ 458 スペチアーレ、スクーデリアに続くハードコアモデル[写真蔵]

自動車 ニューモデル 新型車
フェラーリ・458 スペチアーレ
  • フェラーリ・458 スペチアーレ
  • フェラーリ・458 スペチアーレ
  • フェラーリ・458 スペチアーレ
  • フェラーリ・458 スペチアーレ
  • フェラーリ・458 スペチアーレ
  • フェラーリ・458 スペチアーレ
  • フェラーリ・458 スペチアーレ
  • フェラーリ・458 スペチアーレ
フェラーリ・ジャパンは、ミッドシップスポーツカー『458イタリア』をベースにした最速モデル『458スペチアーレ』を国内販売している。価格は、3290万円だ。

「458イタリア」は、『430』の後継車として登場して以来5年が経過した。「458スペチアーレ」は、「360チャレンジストラダーレ」や「430スクーデリア」などスペシャルシリーズのつなぎとして、2013年9月にフランクフルトモーターショーで初公開された。

4.5リットルの自然吸気V8エンジンは、燃焼効率や圧縮比などの改善により35ps引き上げられた605ps/9,000rpmを発揮する。ノーマルの圧縮比12.5:1に比べ、スペチアーレは14:1。1リットル当たりの出力は135ps。最大トルクは55.1kgm/6,000rpmで、ノーマルと変わらず。また、90kgの軽量化を計り車両重量を1290kgに抑えた。

これによりパフォーマンスは、0-100km/h加速が3.0秒、0-200km/h加速は9.1秒で、最高速度325km/hまで走り抜ける。
《太宰吉崇》

編集部おすすめのニュース

特集