グリーンエンジン2014はテスラ モデルS…EVパワートレインに栄冠

エコカー EV
テスラ・モデルS(写真は左ハンドル仕様)
  • テスラ・モデルS(写真は左ハンドル仕様)
  • テスラ・モデルS(写真は左ハンドル仕様)
  • テスラ・モデルS
英国のUKIPメディア&イベント社は6月25日、「グリーンエンジンオブザイヤー2014」を発表した。テスラ『モデルS』のEVパワートレインが、初の栄冠に輝いた。

エンジンオブザイヤーはクルマの心臓部、エンジンに着目して優れたエンジンを選出するもので、今年が16回目。5月時点で少なくとも世界1か国以上で販売されている乗用車のエンジンを対象に、世界34か国82名のジャーナリストが投票を実施。グリーンエンジンオブザイヤーはその部門賞で、環境性能に重点を置いて選考が行われた。

グリーンエンジンオブザイヤー2014の結果は以下の通り。

1:テスラのEVパワートレイン(248点)…モデルS
2:BMWの647cc・2気筒(189点)…BMW i3
3:BMWのEVパワートレイン(145点)…BMW i3
4:フォードの1.0リットル直3ターボ「エコブースト」(85点)…フィエスタなど
5:フィアットの875cc 2気筒ターボ「ツインエア」のCNG(84点)…フィアット・パンダ/500Lなど
6:GMの1.4リットル直4ターボ+モーター(70点)…シボレー・ボルト/オペル・アンペラ/キャデラックELR

テスラ モデルS用のEVパワートレインが、2014年のグリーンエンジンオブザイヤーに輝いた。2013年の3位から、順位を上昇。獲得ポイントも2013年の139点から、2014年は248点へと大きく増えた。なお、モデルS用のEVパワートレインは、米国では最大出力が306ps、367ps、422psの3種類がある。

2位と3位には、BMWの『i3』用の2種類のパワートレインが入った。2位は、レンジエクステンダー(プラグインハイブリッド)用、3位はEV用となる。

一方、2013年の同賞に輝いたフィアットの2気筒エンジン、「ツインエア」のCNG(天然ガス)仕様は、2014年は5位に後退している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース