【ルマン24時間 2014】19時間経過、各クラスのトップに次々とトラブル発生…LMP1はアウディ1号車がリード

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
ルマン24時間耐久レース 2014
  • ルマン24時間耐久レース 2014
  • ルマン24時間耐久レース 2014
  • ルマン24時間耐久レース 2014
  • ルマン24時間耐久レース 2014
ルマン24時間レースは、ゴールまで残り5時間を切った。現地時間では午前10時を迎えており、疲労やマシンのトラブルと闘いながら、各車ゴールに向けた最後の力走を続けている。

LMP1クラスは1号車アウディ『R18 e-トロン クワトロ』(マルク・ジェネ)がトップを死守。1周遅れで20号車ポルシェ『919ハイブリッド』(ティモ・ベルンハルト)が続く。

後続に1周以上の差をつけている1号車。残り時間を考えると、ライバルに追い上げられて逆転される可能性は少ない。そこで一番気にしなければいけないのはマシントラブルだ。

実は、今年のLMP1クラスはトップ快走中のマシンにトラブルが相次いで発生しており、14時間経過直前には7号車トヨタ『TS040 ハイブリッド』(アレックス/ステファン・サラザン/中嶋一貴)が電気系トラブルでリタイア。その後、独走状態を築いていた2号車アウディ『R18 e-トロン クワトロ』(マルセル・ファスラー/アンドレ・ロッテラー/ブノワ・トレルイエ)も予想外のトラブルで緊急ピットインを余儀なくされ、3位に後退している。もちろん、1号車もこのままノートラブルで走りきれる保証はどこにもない。最後の最後まで一瞬も気が抜けない走行が続いている。

そんな中、他クラスではトップを走っているマシンに次々とトラブルが発生。この時間で順位が大きく入れ替わっている。LMP2クラスでトップを走っていた35号車OAK RACINGがガレージにマシンを戻し、緊急の作業が始まり後退。またこの時間になっても抜きつ抜かれつの激しいトップ争いが繰り広げていたLMGTE-Proクラス。そこで暫定トップにたっていた97号車アストンマーティンもトラブルのため緊急ピットイン。15分近い修復作業を余儀なくされ、優勝争いから脱落してしまっている。

まもなく終盤を迎えようとしているルマン。しかし、まだ何かが起こりそうな不気味な雰囲気が漂いながらの走行が続いている。

また井原慶子が乗る50号車は総合17位(LMP2クラス10位)を走行。中野信治が乗る70号車チーム・タイサンは総合30位(LMGTE-Amクラス8位)を走行中。18時間30分を過ぎたところで中野がバトンを受け取り、今年のルマン最後のパートを担当している。

<スタート後19時間終了時点順位>
1位1号車アウディ(298周)
2位20号車ポルシェ(1周遅れ)
3位2号車アウディ(2周遅れ)
4位8号車トヨタ(8周遅れ)
5位14号車ポルシェ(11周遅れ)
《吉田知弘》

編集部おすすめのニュース

Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース