【日産 スカイライン 200GT-t 発表】2リットルターボエンジン搭載、最高出力211ps

自動車 ニューモデル 新型車

日産・スカイライン 200GT-t
  • 日産・スカイライン 200GT-t
  • 日産・スカイライン 200GT-t
  • 日産・スカイライン 200GT-t
  • 日産・スカイライン 200GT-t
  • 日産・スカイライン 200GT-t
  • 日産・スカイライン 200GT-t
  • 日産・スカイライン 200GT-t
  • 日産・スカイライン 200GT-t
日産自動車は5月26日、『スカイライン』にターボチャージャー付ガソリンエンジンを搭載した『スカイライン 200GT-t』を追加し、6月5日より発売すると発表した。

今回搭載した2リットルターボチャージャー付ガソリンエンジンは、ダウンサイズし燃費向上を図りながら、最高出力211psと、クラストップレベルの動力性能を実現。ノンターボ2.5リッターエンジンに匹敵する力強さと加速性能を発揮する。

また、エンジンと併せて開発したオートマチックトランスミッションは、各速度のギヤ比を近づけることで、よりスムーズで高効率な変速を実現。アクセルを踏み込んだ際に素早くダウンシフトする優れた変速レスポンスにより、伸びやかで途切れのない加速を体感できる。

そのほか、「アイドリングストップ」、「直噴ガソリン機構」、「可変バルブタイミング」、「電動油圧パワーステアリング」、「充電制御」などを採用し、13.6km/リットル(JC08モード)の低燃費を実現。前型スカイライン(250GT、250GT タイプS)と比べて燃費は約20%向上している。

価格は383万4000円から456万8400円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集