ジープ グランド ワゴニア、27年ぶりに復活へ…2018年登場

自動車 ニューモデル 新型車

ジープ グランド ワゴニア(1984年モデル)
  • ジープ グランド ワゴニア(1984年モデル)
  • ジープ グランドチェロキー(参考画像)
米国の自動車大手、クライスラーグループのジープブランドが、かつて生産・販売していた『グランド ワゴニア』。同車が復活することが決定した。

これは5月6日、クライスラーグループとフィアットの統合で生まれた新会社、FCA(フィアット クライスラー オートモービルズ)が発表した中期経営計画、「2014‐2018ビジネスプラン」で明らかにされたもの。

この2014‐2018ビジネスプランは、2014年1月に両社の統合で生まれたFCAが、今後5年間の成長計画を提示したもの。この計画の中で、ジープブランドは「2018年に、グランド ワゴニアを復活させる」と発表している。

グランド ワゴニアは、1962-1991年の長期に渡って生産された、米国製SUVの象徴的存在。製造元は、カイザー、AMC、クライスラーと目まぐるしく変遷したが、基本設計を大きく変えずに、およそ30年間生産され続けた。

2018年に登場予定の新生グランド ワゴニアは、生産終了から27年ぶりでの復活。現時点ではその詳細は公表されていないが、『グランドチェロキー』の上に位置するジープブランドの最上級車に位置付けられる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集