【日産 デイズ ルークス 発売】「eKスペースとのデザイン上の共通化進む」

自動車 ニューモデル 新型車

日産自動車 デイズ ルークス
  • 日産自動車 デイズ ルークス
  • 日産自動車 デイズ ルークス
  • 日産自動車 倉岡亨一デザイン・ダイレクター
  • 日産自動車 デイズ ルークス
  • 日産自動車 デイズ ルークス
  • 日産自動車 デイズ ルークス
日産自動車は2月13日、新型軽乗用車『デイズ ルークス』を発売した。三菱自動車との共同開発車の第2弾となるが、日産の倉岡亨一デザイン・ダイレクターは第一弾の『デイズ』『eKワゴン』よりもデザイン上の共通化が進んだと明かす。

倉岡氏は「フードとヘッドランプの種類でいうとデイズ/eKワゴンは3種類あったが、今回はフードとヘッドランプをセットでカウントすると2種類。結果的には、2回目の協業という成果かもしれないが、フードとヘッドランプを共用してもグリルとバンパーで差別化できるのではないかと提案して、今回はそういう形になった」と解説。

また「ベース車のリアコンビランプは日産がクリア、三菱は赤いレンズを使っている。しかしハイウェイスターとカスタムのリアコンビランプは同じものを使っている。スポイラーも同じで差別化の部分はフロント周りになっている。投資としては数億円単位で変わってくる。コストは抑えてという意見がある一方で、やはり差別化しなくてはというせめぎ合いだが、これくらいの差別化ができているのであれば良いのではないかという判断が下った」と述べた。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

特集