富士重工高橋専務、レヴォーグは3月末までに約1.3万台の受注見込み

自動車 ニューモデル 新型車

スバル・レヴォーグ 2.0GT-S プロトタイプ
  • スバル・レヴォーグ 2.0GT-S プロトタイプ
  • スバル・レヴォーグ 1.6GT プロトタイプ
  • スバル・レヴォーグ 1.6GT プロトタイプ
  • 富士重工の高橋充取締役専務執行役員
富士重工業(スバル)の高橋充取締役専務執行役員は2月4日の決算発表の席上、新モデル『レヴォーグ』の先行受注台数が3月末までに「1万3000台くらいになる」との見通しを示した。

レヴォーグは1月4日から先行受注を開始、同社によると3日までの1か月で4297台になったという。高橋専務は現状のペースを元に、年度内で1万3000台規模の受注を想定した。

レヴォーグなどの受注により4月の消費税引き上げ後の同社の反動減については「軽減されるのではないか」と展望した。レヴォーグの発売は5月であり、受注の積み上げによって相当な納車待ちも予想されるが、高橋専務は「お客様には納車時期などを伝えて、納得いただいたうえで商談を進めるようにしている」と話した。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集