アウディ、新型LMP1カーにレーザーライトを採用…市販モデルへの搭載も視野

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
アウディ R18 e-トロン・クワトロの2014年型
  • アウディ R18 e-トロン・クワトロの2014年型
  • アウディ R18 e-トロン・クワトロの2014年モデル
アウディは、2014年にWEC世界耐久選手権に投入する新型LMP1カー『R18 e-トロン クワトロ』に、LEDとレーザーライトを融合させたヘッドライトを採用する。

R18 e-トロン クワトロの左右各8ユニットで構成されるマトリックスLEDヘッドライトは、昨年のル・マン24時間レースで、優れた光度と広い照射範囲を実証してみせたが、2014年モデルでは、均一で的確な光を投射できるレーザーライトを追加。ル・マン24時間レースを始めとするナイトセッションを有する耐久レースでの優位性を高めるものとなる。

昨シーズンのWECチャンピオンのマルセル・ファスラーは新型ヘッドライトについて「これまでで最高の夜間視認性を持っており、昨年より飛躍的に進化している。レーザーライトの光はより明るく、適切な場所を集中的に照らしてくれる。コーナーのクリッピングポイントがよりクリアに見えるなど、夜間走行でこれほどの大きなアドバンテージはない」とコメントしている。

アウディは、新型ヘッドライトをル・マン参戦マシンに搭載して実証実験を行い、その後、世界初レーザーライトを搭載した市販モデルを発売する計画だ。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集