モチーフは NSX 新型、ホンダがハイブリッド山車「フロート」製作へ…米国新年パレード

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

新型アキュラ(ホンダ)NSXをモチーフとしたホンダのローズパレード用山車、「フロート」の予告スケッチ
  • 新型アキュラ(ホンダ)NSXをモチーフとしたホンダのローズパレード用山車、「フロート」の予告スケッチ
  • アキュラ/ホンダ NSXコンセプト
ホンダの米国法人、アメリカンホンダは2014年1月1日、ロサンゼルスで行われる恒例の新年行事、「ローズパレード」に参加する。ホンダが製作するパレード用の山車、「フロート」は、新型『NSX』がモチーフとなることが分かった。

これは、アメリカンホンダが配信したフロートの予告スケッチから明らかになったもの。2014年のホンダのフロートは、新型アキュラ(ホンダ)NSXがモチーフ。当日はホンダのヒューマノイドロボット、『ASIMO(アシモ)』の運転で、パレードに登場するという演出だ。

ロサンゼルス郊外のパサディナで開催されるローズパレードは、米国の代表的な新年行事のひとつ。2014年で125回目という長い歴史を誇り、毎年およそ100万人もの観光客が訪れる一大イベント。パレードには、さまざまなフロートが登場。フロートとは大型の台車のことで、日本の祭りの山車のようなもの。ホンダは2014年も独自にフロートを製作し、ローズパレードに参加する。

2014年のホンダのフロートのテーマは、「Keeping Dreams on Track」。全長は274フィート(約83.5m)。2005年にホンダが打ち立てた全長207フィート(約63m)の記録を上回り、ローズパレードのフロートとしては、過去最大の大きさが目標に掲げられた。

アメリカンホンダは、「パレードの先頭フロートが、新型アキュラNSXをモチーフにしたロコモーティブカー。このフロートにも、ホンダのハイブリッドシステムを搭載し、環境に配慮する」と説明している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集