【BMW X5 xDrive35d xLine 試乗】エレガンスという個性が際立つ…島崎七生人

試乗記 輸入車

BMW X5 xDrive35d xLine
  • BMW X5 xDrive35d xLine
  • BMW X5 xDrive35d xLine
  • BMW X5 xDrive35d xLine
  • BMW X5 xDrive35d xLine
  • BMW X5 xDrive35d xLine
  • BMW X5 xDrive35d xLine
フルモデルチェンジしたBMW『X5』のラインアップには、「M Sport」のほかにもうひとつ、個性を際立たせたバリエーションが用意される。それが「xLine」だ。

外観では、スタンダードモデルに対し、ディテールが専用化されているのが特徴だ。とくにフロント、サイド、リヤのステンレスフィニッシャーはひと目でそれとわかる識別点。サテンアルミニウムのルーフレールや、19インチ・スタースポーク・スタイリング449アロイホイールなども専用。サイドウインドまわりのクロームの縁取りなど、オーソドックスなBMWらしさにエレガントさを加味した……というべきか。

インテリアでは、ウォークナッパレザーがインパネ上面に貼り込まれ、上質感をより高めている。シートも専用パターンが施され、しなやかな風合いのエクスクルーシブナッパレザーが心地いい。なおリモコンキーもボタン部分がクロームになった専用品だ。

「M Sport」のようなアダプティブサスペンションではないものの、前1150kg/後1130kg(試乗車の車検証の記載)のBMWならではの重量配分により、自然で安定感のある走りが楽しめた。搭載エンジンは別に試乗した「M Sport」と同じ直6ツインパワーターボディーゼル(258ps/57.1kgm)だったが、2000rpm台から前に吸い込まれるような加速はスムースのひとことで、余裕たっぷりのドライブが楽しめる。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

編集部おすすめのニュース

特集