【東京オートサロン14】富士重、ニュル24時間耐久レース参戦予定車を世界初公開

自動車 ニューモデル モーターショー

スバル・ブースイメージ
  • スバル・ブースイメージ
富士重工業は、スバルテクニカインターナショナル(STI)と共同で、2014年1月10日~12日に幕張メッセで開催される「東京オートサロン2014 with NAPAC」に出展する。

スバルブースには、第43回東京モーターショー2013で世界初公開した『レヴォーグ』をベースとした、5台のカスタマイズモデルを展示。スバル純正用品、STIをはじめ、3社のスバル車専用チューニングパーツメーカーがそれぞれの個性を生かし、レヴォーグの新たな魅力を提案する。

また、2014年のモータースポーツ参戦予定車として、新型車をベースとしたニュルブルクリンク24時間耐久レース参戦予定車の世界初公開や、SUPER GT参戦予定車の『SUBARU BRZ GT300』の展示も行う。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集