【レンジローバー スポーツ 新型発売】アルミモノコック採用し、240kg軽量化[写真蔵]

自動車 ニューモデル 新型車

レンジローバー スポーツ SE
  • レンジローバー スポーツ SE
  • レンジローバー スポーツ SE
  • レンジローバー スポーツ SE
  • レンジローバー スポーツ SE
  • レンジローバー スポーツ SE
  • レンジローバー スポーツ SE
  • レンジローバー スポーツ SE
  • レンジローバー スポーツ SE
ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、今年3月のニューヨークモーターショーにて初公開した新型『レンジローバー・スポーツ』を国内で11月30日より発売を開始した。

国内では、東京モーターショー13にて日本仕様がアンベイルされた。2004年に『レンジストーマー』というコンセプトモデルで登場して、2005年から「レンジローバー・スポーツ」の市販版が発売された。2010年にビッグマイナーチェンジを行い、今回はフルモデルチェンジして2世代目となった。

先代モデルの2490kgの車両重量と比べ、新型車は2250kgになり240kgの軽量化をはかっている。ボディサイズは、全長4855x全幅1985(ドアミラー除く)x全高1800mmで、ホイールベースは2920mm。フロントとリアのオーバーハングは短くなり、全幅は55mm広がった。最低地上高は210mmで、渡河水深限界は850mmとした。
《太宰吉崇》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集