アウディのルマンレーサー、R18 e-トロン・クワトロに2014年型…燃費30%向上

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

アウディ R18 e-トロン・クワトロの2014年モデル
  • アウディ R18 e-トロン・クワトロの2014年モデル
  • アウディ R18 e-トロン・クワトロの2014年モデル
  • アウディ R18 e-トロン・クワトロの2014年モデル
  • アウディ R18 e-トロン・クワトロの2014年モデル
アウディのドイツ本社は12月12日、2014年のルマン24時間耐久レースや、WEC(世界耐久選手権)に投入する『R18 e-トロン・クワトロ』の2014年モデルを発表した。

アウディは、国際耐久レースの最高峰、LMP1マシンとして、R18 e-トロン・クワトロを開発。2013年シーズンはルマン24時間耐久レースを含めて、WECを制する活躍を見せた。2014年シーズンは、新レギュレーションとして、エネルギー回生システム(ERS)の装着が義務付けられる。2014年モデルは、これへの対応を図りつつ、さらに戦闘力が引き上げられた。

パワートレインは、従来通り「e-トロン・クワトロ」。V型6気筒ターボディーゼル「TDI」を、ミッドシップに搭載。このエンジンが後輪を駆動する。そして、前輪に内蔵されたフライホイールが、減速時のエネルギーを回生するという一種のハイブリッド。

2014年モデルでは、前輪のフライホイール・エナジー・ストレージ・システムを最適化。そして新たに、もうひとつのハイブリッドとして、熱エネルギー回生システムを採用する。これは最新のF1マシンと同様の技術で、アウディの場合、V6 TDIエンジンの電動ターボのブースト圧が最も高い時、排気熱を電気エネルギーに変換する。

パワートレインの改良は、耐久レースの結果を左右する燃費の向上に大きな効果を発揮。アウディによると、従来比で最大30%燃費を改善しているという。

この他、2014年モデルでは、エアロダイナミクス性能を向上。安全性も高めた。アウディ・モータースポーツのウォルフガング・ウルリッヒ代表は、「LMP1の新レギュレーションは大きく変わる。燃料消費を抑えながら、いかに速く走るかだ」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集