マツダ アクセラ 新型、最終選考に残る…北米カーオブザイヤー2014

自動車 ニューモデル モーターショー

マツダ 新型アクセラ 北米仕様車
  • マツダ 新型アクセラ 北米仕様車
  • 新型シボレー コルベット
  • 新型キャデラック CTS
北米カーオブザイヤー主催団体は12月10日、「2014北米カーオブザイヤー」の最終選考3台のリストを発表した。

北米カーオブザイヤーは今年で21回目。米国とカナダ在住の約50名のジャーナリストが、この1年間に北米で発売、またはデビュー予定の新型車の中からベストな1台を選出する。年間販売台数は5000台以上が条件となるため、スーパーカーや一部高級車は選考から除外される。

2014北米カーオブザイヤーの最終選考3台は、以下の通り。

キャデラックCTS
シボレー・コルベット
マツダ3(アクセラ)

2013年10月に発表された第二次選考12台の中から、地元GMの2車種、新型キャデラック『CTS』と新型シボレー『コルベット』が最終選考に駒を進めた。唯一の日本車として、マツダの新型『アクセラ』もファイナリストに選ばれている。

その一方、トヨタは、新型『カローラ』、レクサスは新型『IS』がリスト落ち。インフィニティ『Q50』(日本名:新型日産『スカイライン』)も、最終選考に進んでいない。ドイツ勢では、メルセデスベンツ『CLAクラス』、BMW『4シリーズ』が脱落。

なお、2014年1月のデトロイトモーターショー14において、2014北米カーオブザイヤーは決定する。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集