キャデラック、CTS/XT5クロスオーバー/エスカレードを刷新 メンテプログラムも標準化

キャデラック エスカレード
  • キャデラック エスカレード
  • キャデラック XT5クロスオーバー
  • キャデラック CTS

ゼネラルモーターズ・ジャパン(GMジャパン)は、キャデラック『CTS』、 『XT5クロスオーバー』、『エスカレード』の仕様および価格を改訂し、1月17日より販売を開始した。

今回、新車登録日から3年間または走行距離10万kmまでのメーカー指定点検整備とメンテナンスをパッケージ化した「キャデラックメンテナンスケアプログラム」を標準化。2回の法令12か月点検(車検を除く)をはじめ、定期交換部品や消耗品の交換ができる。

また、XT5クロスオーバーとエスカレードは、内外装のカラー構成の一部を変更。XT5クロスオーバーは新たなボディカラーの設定とインテリアカラーの選択肢を増やした。エスカレードは、ボディカラーに北米のイメージカラーとして広告、SNS、動画展開をしているダークアドリアティックブルーメタリックを追加した。

XT5クロスオーバーはさらに、新型ワイヤレスチャージに変更。第2世代のワイヤレスチャージャーシステムを搭載し、iPhone8/8+/X/Xs/Xs/Maxにも対応した。

エスカレードは、キャデラックのアイコンである縦を基調にしたDRL(昼間点灯ライト)を採用。アクセントとともに日没や視界不良の状況でも被視認性を高めて交通事故防止に繋げる。また、エンジン停止時に、リアバンパーからキャデラッククレストロゴを照射(自動消灯)する演出を追加した。

価格はCTSが720万9000円より、XT5クロスオーバーが680万4000円より、エスカレードが1371万6000円。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集