【リコール】ダイハツ ムーヴ など76万台、走行不能となるおそれ

自動車 ビジネス 企業動向

改善箇所
  • 改善箇所
  • 改善箇所
ダイハツ工業は12月4日、『ムーヴ』などのCVT(無段変速機)の油圧制御プログラムなどに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、『ソニカ』『ムーヴ』『ミラ』『タント』『ムーヴコンテ』『ミラ ココア』『タント エグゼ』、スバルにOEM供給する『プレオ』『ルクラ』の9車種で、2006年5月22日~2010年11月29日に製造された76万4053台。

CVTの油圧制御プログラムが不適切なため、シフト操作とほぼ同時にアクセルを踏み込む急な発進操作を行った場合やエンジンを空吹かしする等、高回転状態からイグニッションスイッチを切る操作を行った場合にCVT内に高油圧が発生し、セカンダリシャフトに想定以上の負荷が加わることがある。そのため、そのような操作を繰り返すと当該シャフトが破損して、走行不能になるおそれがある。

また、エンジンのクランク角センサにおいて、内部コイルの高温時の耐久性が不足しているため、登坂や渋滞等によってエンジンルーム内が高温になった状態で、全開走行等のエンジン回転数が高い運転を繰返すと、振動で内部コイルが断線し、走行中にエンジンが停止する、あるいは、エンジンが始動できなくなるおそれがある。

CVT制御コンピュータの油圧制御プログラムについては、全車両変更する。クランク角センサについては全車両対策品と交換する。但し、部品の準備に時間を要することから、部品が供給出来るまでの暫定措置として、エンジン制御プログラムをエンジン最高回転数を下げる仕様に書き換え、後日クランク角センサを対策品と交換し、エンジン制御プログラムを元の仕様に書き換える。

不具合発生件数は202件で、市場からの情報および国土交通省の指摘により発見した。

事故は起きていない。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集