【東京モーターショー13】レクサスLF-NX…新しい世界観を思い切ってトライ

自動車 ニューモデル 新型車

レクサス・LF-NX(東京モーターショー13)
  • レクサス・LF-NX(東京モーターショー13)
  • レクサス・LF-NX(東京モーターショー13)
  • レクサス・LF-NX(東京モーターショー13)
  • レクサス LF-NXターボ(東京モーターショー13)
  • レクサス・LF-NX(東京モーターショー13)
  • レクサス・LF-NX(東京モーターショー13)
  • レクサス・LF-NX(東京モーターショー13)
  • レクサス LF-NXターボ(東京モーターショー13)
レクサスは、東京モーターショー13に、『LF-NX』を出展した。

レクサスデザイン部主幹の戸松伸之さんによると、「単に『RX』の下のクルマということだけではなく、新しい世界観をこのクルマでトライしたいと個人的に強い思いがあったので、思い切ったデザインにした」と話す。

「そもそもレクサスはプレミアムSUV市場に『RX』があり、本当はパイオニア的な存在だ」と戸松さん。しかし、SUV市場が盛り上がっている現在、若干出遅れた感じがあるかもしれないという。そこで、「今回やるからには相当インパクトを与えないといけないという思いが強くあった」と述べる。

レクサスの世界観について戸松さんは、「精緻な世界観や、静かだが味わいのある世界観など、これまでにないクルマのデザインを十分トライしてきた。しかし残念ながら、メッセージが弱いといわれることが多かった」とし、「LF-NXは(新しい世界観を)ストレートに表現して、その中にレクサスの世界観をどう創り込むかというアプローチだった」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集