【東京モーターショー13】レクサスRC…キーワードはセクシィ

自動車 ニューモデル 新型車

レクサス RC
  • レクサス RC
  • レクサス RC
  • レクサス RC
  • レクサス RC
  • レクサス RC
  • レクサス RC
  • レクサス RC
  • レクサス RC
東京モーターショー13に出展されている、レクサス『RC』のデザインは、FRスポーツクーペの定石であるアンダーボディにキャビンを乗せ、ロングノーズを強調する手法にとらわれず、ボディ全体がひとつの塊として見えるようにデザインされている。

レクサスデザイン部グループ長の梶野泰生さんによると、「アヴァンギャルドデザインをデザインテーマに、アンダーボディと、キャビンの一体感を出すようにデザインした」と話す。

しかし、クーペとして格好良く見せなければいけないと梶野さん。そこで、「ワイド&ローのスタンスは徹底的にこだわった」という。

具体的には、「フロントグリルの一番尖っているところの位置をぐっと下げた。そして、グリルもコーナーもワイドに踏ん張るイメージを持たせている」と話す。同様にリアも「スポイラーの位置をぐっと下げて、他車と比較するとかなり低い位置にし、テールランプ内側から外に向かって走るプレスラインなどでしっかりとした構えを見せ、コーナーをワイドに踏ん張らせているのだ」と述べる。

そして、「基本的なプロポーションの良さ、シルエットの良さが、クーペとして美しく見えていると思う」といい、梶野さんは「このクルマのキーワードはセクシィだ」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集