J.D.パワー初期品質調査、ホンダN-ONEなど4車種が受賞

自動車 ニューモデル 新型車

J.D.パワー アートモーティブアワード2013
  • J.D.パワー アートモーティブアワード2013
  • J.D.パワー アートモーティブアワード2013
  • J.D.パワー アートモーティブアワード2013
  • ホンダ 松橋庸之氏
  • J.D.パワー アートモーティブアワード2013
  • トヨタ自動車 鈴木敏夫主査
  • J.D.パワー アートモーティブアワード2013
  • J.D.パワー アートモーティブアワード2013
J.D.パワー アジア・パシフィックは11月26日、オートモーティブアワード2013の贈呈式を都内で開いた。このうち日本自動車初期品質調査IQSでは、ホンダ『N-ONE』、トヨタ自動車『パッソ』、同『プリウス』、同『ヴォクシー』がそれぞれ選ばれた。

日本自動車初期品質調査IQSは、新車を購入したユーザーを対象に購入後2~9か月での車両の初期品質を調査したもので、軽自動車、コンパクト、ミッドサイズ、ミニバンの4セグメントで構成されている。

軽セグメントで受賞したホンダの鈴鹿製作所品質管理室の松橋庸之氏は「開発から販売まで一人ひとりが当たり前のことをしっかりひとつずつ積み重ねた結果だと思っています。今後もお客様目線でものづくりを進めていきたい」と述べた。

コンパクトセグメントで受賞したトヨタの製品企画本部ZP鈴木敏夫主査は「パッソは弊社のラインアップの中でも最廉価、お客様にお安く提供する車。この栄えある賞を頂けたということは低コスト、安い車づくりではあるが、品質さえきちっとすればお客様にちゃんと伝わる、ご満足頂ける証だと思う」と語った。

ミッドサイズで受賞したトヨタの製品企画本部ZF豊島浩二チーフエンジニアは「立ち上がり時に色々問題があり、毎年毎年のように色んな問題に対して愚直に対応してきた結果、みんなの力でとれたと思っている。プリウス、ハイブリッドシステムともに今後とも大変複雑になっていく。これからもこの賞に恥じないよう初期品質、経過品質についてはどんどん上げていきたい」とあいさつした。

ミニバンで受賞したトヨタの商品企画本部ZH吉岡憲一主査は「生産工場であるトヨタ車体ならびに仕入れ先の皆様のお力があってこその受賞だと思っている。次のモデルでもお客様のハピネスをかなえるような品質を実現していきたい」と述べた。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

特集